噂:強化された新型Xbox One、プロトタイプをテスト中か

噂:強化された新型Xbox One、プロトタイプをテスト中か

海外メディアのThe Vergeは複数の関係者の証言から、マイクロソフトがXbox Oneの新型プロトタイプを複数テスト中であると報じ、噂されている「PS4.5」の対抗馬として近日中に発表があるのではと話題を呼んでいます。

新型Xbox One

関係者の証言では、プロトタイプの中身は「ゲーミングPCのパフォーマンスを改善するときに使うような」パーツと共にテストされているとされており、ソニーが準備を進めているとされる、パフォーマンスが向上したアップグレード版PlayStation 4のような形だと解釈できます。

FCCで浮上した情報

時を同じにして掲示板のNeoGAFでは、FCC(連邦通信委員会)の情報の中からマイクロソフトがワイヤレスチップセットをテストしている事実が判明。モデルナンバー「1683」とされるこのワイヤレスチップセットの書類の中には、「ユーザーマニュアル1525」と呼ばれる書類が存在しており、このモデルナンバーが既存のXbox Oneのワイヤレスチップセットと一致することから、マニュアルは使い回しでXbox Oneに関わる新しいチップセットであると見られています。

ブラジルのFCCに相当するAnatelではチップセットの写真も公開。
ブラジルのFCCに相当するAnatelではチップセットの写真も公開。

さらに、このチップセットにおけるFCCとマイクロソフトのNDA(秘密保持契約)は6月25日に失効するとされており、これは6月14日より開催されるE3の11日後に当たります。新しいハードウェアの発表があるとすればやはりE3 2016が有力だと受け取れます。

マイクロソフトの見解

マイクロソフトのXbox部門を代表するフィル・スペンサー氏は、Xbox Oneにて新旧のタイトルと互換性のある「新しいハードウェアの可能性を世に送りだす」というヒントを出しており、今話題のVRへの対応や、マイクロソフトが開発を進めるホログラムでのAR体験を実現する「HoloLens(ホロレンズ)」への対応などが予想されます。いずれにしろ、それを実現するためにも本体の性能のアップグレードは必要になると思われます。

フィル氏はGameinformerで「Xbox One.5のような形は好きではない。もし前に進むのであれば、もっと大きな数字で前に進みたい。みなさんにとって本当に重大な変更、アップグレードであって欲しい。」と発言したことから、「PS4.5」のようなバージョンアップ版ではないのではないかとされていましたが、様々な要因を考慮するとVRやAR体験への対応とハードウェア性能のアップグレードを一括りにしてみると、フィル氏の言う重大な変更にあたるのではないかとも思えてきます。

この噂が本当であれば、E3に向けて近日中に何かしらの発表や有力なリークが登場する可能性は高そうです。続報にご期待ください。

source: VG247