【Update:受付終了】『CoD:IW』Infinity Wardインタビュー用の質問募集!

【Update:受付終了】『CoD:IW』Infinity Wardインタビュー用の質問募集!

追記:インタビューは無事終了しました。たくさんのポストありがとうございました!

最新日本語吹き替え版トレーラーも公開された『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』ですが、FPSとかの情報サイトEAA!!では、Infinity Wardのナラティブディレクター、Taylor Kurosaki氏にインタビューできる機会をいただけました。

そこで、『Call of Duty: Infinite Warfare』の主にストーリーに関する質問を読者のみなさんから公募します。

募集要項

今回質問できるのはナラティブディレクターのTaylor Kurosaki(@taylorkurosaki)氏。

taylor-kurosaki

もちろん一般的な内容ならマルチプレイヤーやゾンビの話も聞けるかもしれませんが、ナラティブ(物語)というようにストーリー周りの担当なので、その辺りの質問のほうがコアな開発秘話や意外な話を聞けるかもしれません。

PCなら下記フォーム、モバイルではこちらから、気になるあれこれをどしどしお送りください。

Cod:IW 概要

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』 ストーリートレーラー(日本語吹替版)

主人公レイエスの所属する宇宙連合UNSAが壊滅的な奇襲攻撃を受けたことにより、レイエスは地球に残された最後の戦艦「レトリビューション」の指揮を執ることになる。想像をはるかに越える逆境の中、レイエスはクルーを導き、反対勢力SDFの脅威に対抗していかなければならない。

登場人物としては、主人公のレイエス、「レトリビューション」に搭乗するベテラン兵士のオマー軍曹、レイエスの同僚でもある女性兵士のソルトー中尉、人間的な感情を持つロボット兵士のETH.3n、今作で最大の悪役となるSetDeFのサレン・コッチ元帥などが登場。

現在判明している点としては、 カスタマイズ可能な戦闘機ジャッカルや、過去のシリーズのようにキャラクターが次々と切り替わることはないこと、主人公の階級が徐々に上がっていくこと、無重力空間で360度移動可能なグラップリングフック、ストーリー展開は変わらないものの、選択次第で味方キャラクターが死ぬことがあること、本編に関わらないサイドストーリーを採用していることなどです。

#GAMEatGC: Infinity Ward’s Taylor Kurosaki – Call of Duty: Infinite Warfare