CoD:IW: 第1弾DLC「Sabotage」に含まれる新マップ“Neon”のプレイ映像が登場、都市圏での戦闘を想定した“仮想空間”

CoD:IW: 第1弾DLC「Sabotage」に含まれる新マップ“Neon”のプレイ映像が登場、都市圏での戦闘を想定した“仮想空間”

PlayStation Accessは、『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』の第1弾DLC「Sabotage」に含まれる新マップ“Neon(ネオン)”のプレイ映像を公開しました。映像の前半はマップデザインを確認でき、4分からは実際のゲームプレイを観ることができます。

Infinite Warfare’s Tron-style simulator map – new Neon gameplay

Neonは都市圏での戦闘を仮想空間でシミュレートした独特なマップ。突然あらわれる車などの障害物や、敵を倒すとデジタルピクセルに分解されるなど、独特な演出が楽しめます。中心レーンは長射程での戦闘が想定されますが、外周部では奇襲もあり得る近接戦が繰り広げられます。

第1弾DLC「Sabotage」には、1990年代を舞台とするゾンビモードの“Rave in the Redwoods”と、“Afghan”のリメイクマップを含む4つの新しいマルチプレイヤーモード用マップが収録され、1月31日にPlayStation 4へ先行配信されます。

『CoD:IW』は絶賛発売中で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のダウンロード特別版やレガシーエディションには『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱。