CoD:IW:プロゲーマーの大会環境を再現しよう。モニター、ヘッドセット、コントローラーなど(中~上級者向け)

CoD:IW:プロゲーマーの大会環境を再現しよう。モニター、ヘッドセット、コントローラーなど(中~上級者向け)

CoD公式リーグ「Call of Duty World League (CWL)」の全体スケジュールも発表され、eスポーツシーンでの本格的な盛り上がりを見せようとしている『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』。

「少しでもうまくなりたい」「まずは形から入りたい」「プロに近づきたい」「世界を目指している」などなど、形からでも本格的に極めたい人にもCWLのイベントにて使用されているモニター、ヘッドセット、椅子などの環境情報をまとめてみました。いずれも高い!というわけではありませんがそこそこのお値段なので、FPS初心者はもっとお手頃なデバイスから初めても問題ないと思います。

モニター

BenQ Zowieのモニター

CWLの公式モニターでもあるBenQ ZOWIE製のモニターが100%。ゲーム向けのモニターで大きなシェアを持っている同社ですが、CWLではコンソール向けの24型ディスプレイ「RL2460」が採用されています。

RL2460の主な特徴は以下のとおり。

  • 1920 x 1080 (Full HD) ‎/24型/TNパネル
  • コンソールゲーム向け機能を充実させた 24型ゲーミングディスプレイ
  • 暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能搭載
  • FPSモード、格闘モード、RTS1,2モード搭載
  • フリッカーフリーとブルーライト軽減モードを搭載。長時間使用での目の負担を大きく軽減
  • 輝度: 250cd /応答速度:5ms (GTG 1ms) ‎
  • HDMI出力端子搭載で、動画配信、動画録画、2台接続などで遅延のリスクを考えずに活用が可能
  • 入出力端子1:D-Sub、DVI-D、HDMIx2、HDMI(out) x 1、ヘッドフォンジャック
  • 入出力端子2:Audio Line in

リフレッシュレートは60Hzで最新の高額モニターと比べると見劣りするかもしれませんが、フレームレートが高くても60fpsに制限されているコンソールでは必要充分なスペック。以前EAAが独占で公開したインタビューではプロプレイヤーが家でもZOWIEのモニターを利用して練習していることも判明しています。

PCとの併用やハイエンドモニターを求めるプレイヤーは、最新製品であるネイティブ240Hzの怪物ゲーミングモニター「XL2540」にも注目です(詳細記事)。

ヘッドセット

PlantronicsのGamecom Commander

ルールブックにも記載が確認できますが、CWLやMLGでは自分の好きなヘッドセットを使用できるのはオープン予選などに限定されていることがほとんど。大きな舞台ではPlantronics製のGamecom Commanderの使用が義務付けられていることが多いようです。

重厚な作りの密閉型ヘッドセットなので、外界からの雑音をしっかりとシャットアウト。3.5mmのミニプラグはもちろんのこと、同梱されているUSBサウンドカードによる接続も可能。ケーブルにはコネクターがついており、簡単に接続方式を変えることが可能になっています。

頑丈なキャリングケースも付いてくるのでトーナメントなどへの持ち運びも楽々です。かなりしっかりとした作りになっているため自宅での長時間プレイには疲れを感じることもある気がしますが、実際にプロプレイヤー達は一日に複数回行われる試合で使用しているので、高みを目指すゲーマーは今のうちに慣れておくのもありかもしれません。

最大の弱点は日本からでは入手しにくいこと。米Amazonなどから輸入する必要がありますが、国内での販売情報がありましたらぜひお知らせください。

椅子(ゲーミングチェア)

DXRacer

ゲーミングチェアは唯一2つのブランドが確認できるカテゴリで、直近の『CoD:IW』のイベントではNeed for Seat社製のMAXNOMIC™ PRO-CHIEF BWEと、DXRacer社製のレーシングシリーズが確認できます。どちらも背もたれが高く人間工学に基づいたデザインで、プレイヤーの体をスッポリと支えてくれます。

日本国内での知名度と手に入りやすさではDXRacer社に軍配が上がります。実際に使用されているMLGモデルは米Amazonでも発売されていますが、日本への発送は行っていないようです。

コントローラー

SCUF Infinity 4PS

プレイヤーの持ち込みが許可されているコントローラーは、2017年に入ってもやはり「SCUF(スカフ)」が人気。その人気は衰え知らずで、『CoD:IW』で開催されたCWLのイベントにおいても上位に食い込むチームの大多数がSCUFを使用しているようです。それを裏付けるように、SCUF公式ページではプロプレイヤーの90%が使用していると謳われています。

SCUFの最大の特徴である背面に設置されたパドルスイッチはもちろんのこと、去年発表された最新モデル「SCUF Infinity 4PS」ではトリガーの押し込み具合までもが調整可能に。その他にも着脱出来る十字キー(方向キー)用のディスクカバーや振動機構の取り外し、複数種類から選べるアナログスティック、ミリタリーグレードのグリップなど豊富なカスタマイズが可能です。

国内にオフィシャルショップはなく、Amazon.co.jpで購入はできるものの細かいカスタマイズは行えないので、自分好みにカスタマイズを行うには海外から注文を行う必要があります。EAA!!にて購入方法を解説した記事があるので、そちらを参考に購入を検討してみてください。

いかがだったでしょうか。高額な製品もありますが、中級者~上級者プレイヤーの参考となれば幸いです。