GRW: 歴代Tom Clancyシリーズの初週売り上げ2位を記録、アクティブユーザー数はβを上回る

GRW: 歴代Tom Clancyシリーズの初週売り上げ2位を記録、アクティブユーザー数はβを上回る

イギリスでの3月第二週の売り上げチャートが公開され、ユービーアイソフトの『Tom Clancy’s Ghost Recon』シリーズ最新作となる大規模オープンワールドシューター『Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコン ワイルドランズ)』が1位を獲得。

その売り上げは2017年現時点の初週売り上げ最高記録を更新、歴代『Tom Clancy』シリーズでも2位の売り上げ記録を達成しました。

2017年初週売り上げ記録1位

イギリスのGfK Chart-Trackが公開したレポートによると、『Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコン ワイルドランズ)』が2017年の「発売から一週間で最も売れたタイトル」を獲得。売り上げチャートでは、その一週間前に同じ記録を獲得し売り上げも1位だった『Horizon Zero Dawn (ホライゾン ゼロ ドーン)』や、同じく2位だった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を抑え、UKチャートで1位を獲得しました。

歴代Tom Clancyシリーズで2位

『Ghost Recon: Wildlands』の売り上げは、UBIが誇る『Tom Clancy』シリーズの発売初週売り上げ歴代2位という上々な売り上げを記録。好調を裏付けるかのように、発売から10時間後のSteamでのプレイヤー数は、無料であったβの頃よりも多いという統計も出ています。

なお、『Tom Clancy』シリーズの初週売り上げ、並びに1四半期での売り上げ、どちらも1位を記録しているのは、ちょうど1年前に発売された『Division』でした。

関連記事: 『ディビジョン』が新規IPの初週売上記録を樹立、『Destiny』に勝利

Ubisoftの呪縛から抜けられるか

順調な滑り出しを迎えた『Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコン ワイルドランズ)』ですが、一方で『Division』や『For Honor(フォーオナー)』でも見られた、発売後のユーザー離れを今作では食い止められるのか? 発売後に人気が高まった『レインボーシックス シージ』のような伸びを見せてくれるのか? 本当の正念場はこれからと言えそうです。

『Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコン ワイルドランズ)』の発売日は2017年3月9日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: GfK Chart-Track, Githyp