PC版『CoD:WWII』のデイリー最高同時接続数、ローンチから2万6千人激減

PC版『CoD:WWII』のデイリー最高同時接続数、ローンチから2万6千人激減

前作を上回る快進撃が伝えられている『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、Steamでのデイリー最高同時接続数がローンチ時より2万6千人以上も激減していることが判明。ローンチ以降に発生した一連のトラブルによって、ユーザー離れが発生しているのではないかと話題になっています。

5.6万から3万弱へ

これはSteamでの様々なタイトルの同時接続数をトラッキングしているSteamChartsから判明したもので、ローンチ後の11月6日に56,174人とピークを記録したものの、その後の数字は下降を見せていきます。

CODWWII Steam チャート

ローンチから数週間後、アメリカでは連休だった先週末においても29,556人に留まり、それ以前のタイミングでも3万人を割ることが多くなっているのが見受けられます。

同時接続数の減少の要因は定かではありませんが、現在発生しているプレイが不能になる「エラーコード5」問題や、武器のバリアントを装備するとクラスがリセットされるなどの問題を受けて、ユーザーが他のゲームをプレイしながら修正を待っているのではないかと予想されます。

ローンチでの成功から一転して、サーバーの接続問題など様々なトラブルが発生している本作ですが、プレイ体験の向上を行いユーザーからの信頼を得ない限りはユーザーの減少は止められないのかもしれません。もちろんActivisionとSledgehammer Gamesはゲームの修正に連日取り組んでいるので、早期の解決に期待しましょう。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: MP1st

RECOMMEND