CoD:WWII: 今後の重要な検討項目を公開、体力自動回復・ストリーク・ショットガンなどに調整か

CoD:WWII: 今後の重要な検討項目を公開、体力自動回復・ストリーク・ショットガンなどに調整か

1月の予定と今後のアップデート内容が公開された『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、開発元のSledgehammer Games(SHG)がコミュニティーでも話題となっており、SHG自身も重要だと考える「検討項目」を改めて公開しました。

CoD:WWII 今後の検討項目

  • スプリントアウト時間について(スプリント後から銃などが使用できるまでの時間)
  • 試合開始時の観戦問題について
  • ドミネーションにてキル毎のスコアが50であることについて
  • アナウンスの音量について(関連記事
  • 体力の自然回復について
  • 味方が引き起こした爆発でのシェルショック(爆発を受けることによって、音が聞こえにくくなったり、視界がぼやけるエフェクト)について
  • スコアストリークについて
  • ショットガンの調整について

今後、SHGは上記の項目についてコミュニティーとの対話を行っていくとのことで、更なる情報を公開していくとしています。

ローンチ後には様々な問題が散見したものの、SHGらしいコミュニティとの対話を重要視した改善が今後は期待できそうです。1月中に配信されるアップデートにも期待です。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit