CoD:WWII: コンバットショットガン弱体化とソードオフショットガン強化をテスト中

CoD:WWII: コンバットショットガン弱体化とソードオフショットガン強化をテスト中

今後の重要な検討項目が発表された『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、その中でも上げられていたショットガンの調整についての詳細が発表。コンバットショットガン弱体化や、ソードオフショットガン強化のテストが行われていることが明らかになりました。

ショットガン調整

Sledgehammer Games(SHG)のマイケル・コンドリー氏はRedditにて、派遣師団に向けてテストを行っている下記の項目を発表。コミュニティーとの議論を進めています。

  • コンバットショットガンの射程を弱体化。バランスはスイートスポットに近くなっているが微細な変更が必要。ローンチ前に射程を50ほど増加させたが、20削減を検討している。
  • 試合データとコミュニティーからの報告にもあるように、ソードオフショットガンを少し強化する必要がある。射程とリロード強化の組み合わせをテストしている。

SHGはその他にも、スプリントアウト時間やスコアストリーク、体力の自然回復などについてもコミュニティーとの議論を進めていくとしており、今後も彼らがテスト中の変更やバランス設計の話などが発表されていくものと見られます。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit