CoD:WWII:コミュニティイベント「レジスタンス」が1月23日開始、新師団「解放師団」・新ゲームモード“Demolition”“Prop Hunt”・新武器3種など

CoD:WWII:コミュニティイベント「レジスタンス」が1月23日開始、新師団「解放師団」・新ゲームモード“Demolition”“Prop Hunt”・新武器3種など

ActivisionおよびSledgehammer Gamesは『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』にてコミュニティイベント「レジスタンス」を現地時間1月23日より行うと発表しました。期間は2月27日まで。

イベント開始時には新師団「解放師団」が全プレイヤーに配信されるほか、新ゲームモード「Demolition」や「Prop Hunt」、新武器3種が追加されます。

Official Call of Duty®: WWII – The Resistance Event Trailer

新師団「解放師団」

解放師団

解放師団はヨーロッパのレジスタンス活動を参考にデザインされた師団で、1月23日から全プレイヤーが使用できます。気になる能力は以下の通り。

  1. ピストルにタクティカルナイフ
  2. 近くの敵のミニマップをジャミングする
  3. ピストルアタッチメントを1枠追加
  4. 近くの敵の位置を示すミニマップインジケーター

近くの敵をジャミングは『CoD:MW2』にもあった懐かしいスキル。自身が近くにいることを教えてしまう諸刃の剣的なスキルとなりそうです。

新ゲームモード「Demolition」や「Prop Hunt」

過去作で登場してきたゲームモード「Demolition」が『CoD:WWII』でもついに登場。攻撃側は2つの爆弾の起爆を目指し、防衛側はこれを阻止します。攻撃側が爆弾を1つ爆発させると試合時間が延長されます。

また『CoD:MWR』で人気を博したゲームモード「Prop Hunt」も登場。一方のチームはマップ上の物体に化け、もう一方のチームはこれを探して破壊することを目指します。

新武器

新武器として「ORSO」「国民突撃銃」「コンバットナイフ」が登場。新武器は特別任務を完了することで貰えるほか、コレクション報酬(日本ではアーマリークレジットでの直接購入)やサプライドロップでも入手できます。

ORSO
ORSO「解放者」
国民突撃銃「反抗者」
国民突撃銃「反抗者」
コンバットナイフ「救いの手」
コンバットナイフ「救いの手」

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Call of Duty

RECOMMEND