PUBG: 日韓サーバーが分離、日本サーバーには日本からのみアクセス可能

PUBG: 日韓サーバーが分離、日本サーバーには日本からのみアクセス可能

PUBG JAPANは『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』における日本・韓国サーバーから日本を分離し、日本サーバー新設についてTwitter上でコメントを投稿しました。

PUBG JAPANのコメント

皆さん、こんにちは。PUBG JAPANです。
先日のパッチノートにてお伝えしました通り、3月27日のLIVEサーバーのメンテナンスより、日本においてPUBGをプレイしている皆さんだけにプレイしていただけるJPサーバーを設けることになりました。合わせてKR/JPサーバーはクローズさせていただく予定です。
PUBGは日本のユーザーの皆さんがより快適にゲームを楽しんでいただけるよう、JPサーバーを通じてより良いサーバー環境を提供していきたいと考えております。しかし、この作業により、 お昼時間帯やFPPモードなどにおいては、マッチングに多少時間を要する場合もございます。 その場合は、ASIAサーバーなど他サーバーをご利用いただくことで、より迅速にマッチングすることができます。
また、誠に申し訳ございませんが、KR/JPサーバーでの過去の戦績はすべてKRサーバーに移行されますので、ご理解をお願い申し上げます。
JPサーバーの導入と共に、PUBG Corporationでは、今後日本サーバーのモニタリングをより一層強化していきます。Steam版プレイヤーの皆さんおよび、DMM版プレイヤーの皆さんが常に快適な環境で、より楽しくPUBGをプレイしていただけるよう、精一杯努力します。
サーバーの分離はそれに対するPUBGの宣言であり、決心でもあります。勿論、サーバー分離とは別途で、不正プログラムの対策としてのアンチチートソリューションも準備しております。強力な措置と対応で、より快適な環境を提供させていただくことをお約束します。
PUBG JAPANでは、今回のアップデートに対する日本のプレイヤーの皆さんの貴重なご意見をお待ちしております。沢山のフィードバックを是非よろしくお願い致します。
PUBG JAPANチーム一同

なお、日本サーバーの新設により、日本・韓国サーバーでの戦績データはすべて韓国サーバーに移行されてしまいます。これまで通りASIAサーバーとNAサーバーには日本からでも接続が可能で、日本と韓国サーバーが表示されない他の地域でプレイしているプレイヤーが、日本もしくは韓国サーバーでプレイするプレイヤーとパーティーを組むときだけ、そのサーバーを選択が可能です。また日本サーバーにおいてのFPPモード実装は見送りになったとのことです。

詳しいアップデート内容は以下の記事を御覧ください。

関連記事

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は発売中で、対象機種はPC / Xbox One。