CoD:WWII:ゲームが生まれ変わる大規模アップデート「師団オーバーホール」発表、師団と武器調整・無限スプリント・誰でもランチャーなど

CoD:WWII:ゲームが生まれ変わる大規模アップデート「師団オーバーホール」発表、師団と武器調整・無限スプリント・誰でもランチャーなど

Sledgehammer Gamesは、『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』のゲームプレイを根本から変える「師団オーバーホール」を発表しました。これはコミュニティの意見を反映した師団システムを刷新する大幅なアップデートで、我々一般プレイヤーはもちろん、プロプレイヤーは特に必見の内容。師団アップデートの配信日は現地時間4月10日を予定しています。

CoD:WWII 師団オーバーホールアップデート

CoD:WWII:ゲームが生まれ変わる「師団オーバーホール」発表、師団トレーニング変更や無限スプリント、ランチャーがトレーニングなしで装備可能など

師団トレーニング

以下が新しい師団トレーニングの能力で、太字は変更された部分を示しています。

歩兵師団:

  1. メインウェポンのアタッチメント追加
  2. 2つ目のピストルアタッチメント&武器切り替えの高速化(解放師団から移動)
  3. 銃を覗いている間、武器の揺れを低減
  4. エイム中の動きが早くなる

空挺師団:

  1. スプリント&ダイビング中に銃を撃てる
  2. スプリント中にリロードできる
  3. 障害物の乗り越えが高速化、落下ダメージを無効化
  4. 時間経過でスプリントスピードが増す

機甲師団:

  1. 爆発ダメージおよび火炎ダメージを大幅に軽減
  2. シェルショックとタクティカルに耐性が付く
  3. 弾丸の貫通性能が増加する
  4. 被弾時の怯みを大幅に軽減

山岳師団:

  1. 敵の偵察機や操作系ストリークに感知されない
  2. キルした敵の死亡場所を非表示に
  3. 敵に狙われても名前が表示されず、レティクルの色も変わらない
  4. 音を立てずに移動

派遣師団:

  1. リーサル・タクティカルを2個所持&装備品の使用を強化
  2. キルした敵と時間経過で装備を獲得できる
  3. タクティカルを改良&Warモードの建築物を破壊しやすくする
  4. 装備品のダメージで敵がミニマップに表示される

解放師団:

  1. 近くの敵へのミニマップインジケーターとスクランブラー(ミニマップ妨害)
  2. 敵の移動音が聞き取りやすくなる
  3. キルかアシストで近くの敵をピン立てする
  4. ターゲットを見つけやすくなり、ミニマップ表示範囲も向上する

ロードアウト選択の変更

それぞれの師団トレーニング1に割り当てられていたスキル(サプレッサーやバイポット)などは、アタッチメントや標準仕様へと変更。またメインウェポンのアタッチメント枠は標準で3個となり、お披露目当時から話題となった無限スプリントも可能となりました。基礎トレーニングを付けないと装備できなかったランチャーも標準で装備できるようになっています。

  • ライトマシンガンまたはスナイパーライフルを使用すると、バイポッドおよび一級射手が自動的に使用可能になる
  • 残りの師団スキル(武器クラスのアタッチメント)は師団作成で選択可能
  • 各師団には4つ目のPerkがあり、レベルは調整・バランシングが行われている
  • 全プレイヤーは無限スプリントが可能で、スプリント速度はわずかに低下
  • 全ロードアウトのメインウェポンのアタッチメント枠は3個
  • 全ロードアウトでリーサル・タクティカルの両方が装備可能
  • 全ロードアウトでランチャーが装備可能になる
  • ライフルグレネードが全アサルトライフル用のアタッチメントとして使用可能
  • サプレッサーアタッチメントは全ピストルに使用可能
    • サブマシンガンのサプレッサーは射程が30%減少するのに対して、ピストルサプレッサーは15%減少
  • 基礎トレーニング「プライム」と「バン」を削除:
    • これらに費やされたプレステージトークンは払い戻され、関連するチャレンジは自動的に完了する
  • 新基礎トレーニング「Blitzkrieg」と「Clandestine」を追加:
    • Blitzkrieg:スコアではなくキルによってストリークを獲得。ボーナス:ストリークが強化され、4つ目のストリークが選択できる(詳細記事
    • Clandestine:キルした敵がインテルパックを落とすようになり、近くの敵を明らかにする。ボーナス:それぞれのライフの始めにピン立てを行う(ミニマップに一瞬表示?)

解放師団/歩兵師団の移行

  • 「2つ目のピストルアタッチメント & 武器の切り替えの高速化」を歩兵師団へ移行
  • 解放師団へは代わりに「敵の動きが聞き取りやすくなる」を追加

武器・メカニックの調整と変更

爆発物の弱体化や装備、武器の調整、クイックスコープの非推奨などなど、大幅なアップデートが適用されます。

  • 全体のスプリントスピードが1.4倍から1.3倍に減少(無限スプリントの導入のため)
  • プレイヤーに対するランチャーの効果を低減
    • パンツァーシュレックのダメージと弾速を弱体化
    • バズーカの爆破範囲と弾速を強化、ダメージを減少
    • バズーカは以前よりも確実にヒットマーカーを与えるようになり、弾速を上げることでパンツァーよりも対ストリーク性能に優れるように
  • フラググレネードと粘着爆弾の最大ダメージを弱体化
    • 最大10%のダメージ削減。全プレイヤーがリーサルとタクティカルを所持できることを考慮すると共に、“グレネードスパム”への不満に対処
  • リーサルによるシェルショックと地面の揺れのエフェクトを大幅に減少
    • エフェクト範囲と効果時間を減少。既存の不満に対処すると共に、全プレイヤーがリーサルとタクティカルを所持できることを考慮
  • タクティカルの調整
    • 派遣3なしの全タクティカルは持続時間が少し弱体化
    • スモークの持続時間:10秒(以前:14秒 / 派遣3:14秒)
    • 信号フレアの持続時間:3.5秒(以前:5秒 / 派遣3:5.5秒)
    • スタングレネード:1.75〜3.5秒(以前:2〜4秒 / 派遣3:2.5〜4.25秒)
    • ガスグレネード:1ダメージ×5回/秒(以前:10ダメージ×5回/秒 / 派遣3:5ダメージ×8回/0.625秒)
  • 基礎トレーニングの能力変更
    • エネルギッシュ(追加:スプリント速度上昇 / 削除:ダッシュ間隔が短くなる)
    • フォーリッジ(追加:時間の経過で弾薬を補給&マガジン追加 / 削除:武器の切り替えが早くなる)
    • オードナンス(追加:キルした敵がストリークメーターを満たすパックを落とす / 削除:自分のケアパッケージを再抽選する)
    • ローンチ(追加:追加のランチャー弾薬 / 削除:ランチャーを装備できるようになる)
    • コンカッション(追加:リーサル・タクティカルを2個装備 / 削除:タクティカルの固定)
    • インスティンクト(追加:シェルショックとタクティカルに耐性 / 削除:画面外から狙われている時に警告(大会モードのみ))これはMLGでのBANが解除されタクティカル対策として使用されるようにするため
  • 焼夷弾のシェル
    • シェル追加(コンバットショットガンは7発、他のショットガンは8発)
    • シェルの射程減少は-15%から-10%に強化
    • コンバットショットガンのシェル充填を高速化
  • M30ライフル弾の弾薬を強化
    • 弾薬追加(6発から8発に)
  • ライトマシンガンのバイポッドを強化
    • 展開中の発射レート増加(アタッチメント“ラピッドファイア”と同等の9%。ラピッドファイアの効果と重ねることも可能)
    • 展開中に発射するとまずは予備弾倉から弾薬を消費し、使い尽くしたら現在の弾倉から消費(リロードの必要なし)
  • スナイパーライフル「一級射手」の時間増加
    • 息止め時間を4秒から10秒に延長。スナイパーをクイックスコープではなく「適切な」方法で使用するよう促す
  • 機甲の「爆発ダメージおよび火炎ダメージを大幅に軽減」を強化
    • 爆発ダメージおよび火炎ダメージを80%減少(以前は65%減少)
  • 歩兵3「銃の揺れを減少」と基礎トレーニング「スコープ」がスナイパーライフルにも適用
    • スナイパーライフルでは30%減少、他の武器クラスでは65%減少
    • アタッチメント「弾道較正」と効果を重ねることも可能
  • 歩兵4「エイム中の動きが著しく早くなる」と、基礎トレーニング「スコープ」を強化
    • 武器クラスの違いは維持(スナイパー < LMG < ライフル < SMG < ピストル/ショットガン)
    • ライトマシンガンはエイム中の移動速度が最も強化。これは以前から歩兵4を装備しても非常に遅かったため
    • スナイパーライフルは移動が早くなりすぎたとしてもメリットにはならないため、他の武器クラスより強化度合いは控えめ
    • ピストルとショットガンは、すでに歩兵4を装備すると銃を覗いていない時と同等の速度になるため調整されなかった
Official Call of Duty®: WWII – Divisions Overhaul Preview

リリース時から指摘されていた多くの不満を解消し、もはやゲームが生まれ変わる(旧作回帰?)レベルのビッグアップデート。グレネード弱体化やプライム削除により現在のメタも大きく変更されることが予想されます。

海外では「イヤッホー!」「ARにサプレッサーくれ」「CODに戻るわ!」などなど、どちらかというとこの変更を歓迎する声が多く散見されているようですが、みなさんの意見は?

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Activision Community

RECOMMEND