ウイルス「ファイルを返してほしければPUBGをプレイしろ」

ウイルス「ファイルを返してほしければPUBGをプレイしろ」

お金を要求するのではなく、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』のプレイを強要するランサムウェアが発見されたとのニュースをPC Watchが報じています

「PUBGを1時間プレイしろ」

ランサムウェアは、PC内のファイルを勝手に暗号化し、通常通り使えるよう戻す(複合する)には「カネを払え」という不正プログラムで、「身代金要求プログラム」とも呼ばれるマルウェアの一種。…なのですが、今回発見されたランサムウェア妙な条件を提示してきます。

  • デスクトップのファイルが暗号化される
  • PUBGを1時間プレイすることを要求
  • 暗号化されるファイルの拡張子は「.PUBG」

凶悪なのかユニークなのか一瞬判断に迷いますが、実際にはプレイを監視しておらず、表示される復号化コードを入力するか、ゲームの実行ファイル「TslGame.exe」を3秒実行するだけで複合化されるという、ランサムウェアにしては親切(?)な設計。

熱心なPUBGファンの犯行のようにも見えますが、果たして犯人の目的は。

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は発売中で、対象機種はPC / Xbox One。

Source: PC Watch