Nintendo Switch版『バイオハザード7』が5月24日配信、2,000円で180日間プレイ権を購入するシステム

Nintendo Switch版『バイオハザード7』が5月24日配信、2,000円で180日間プレイ権を購入するシステム

カプコンは、バイオハザード7の全コンテンツを網羅したNintendo Switch版『バイオハザード7』、 『バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン』を5月24日に配信することを発表しました。

バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン

『バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン』にはゲーム本編とDLC[Banned FootageVol.1,2][End of Zoe][Not A Hero]が含まれ、表現は「グロテスク バージョン」に準拠。クラウドサーバーからインターネット回線を通じてゲームをプレイする方式で、2,000円(税込)/180日プレイ券を購入することで期間中は自由にプレイできます。

Nintendo Switch『バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン』プロモーション映像

従来の操作に加えて、Joy-Conならではの直感的な操作方法も追加されているとのこと。気になる特徴的な販売方式ですが、6ヶ月もあれば容易にクリアできてしまうので期間は充分。ネットへの接続が必要な点には注意が必要ですが、気軽にレンタルする感覚でプレイできる新しい試みなのではないでしょうか。

  • 公式サイト: http://www.capcom.co.jp/bh7cloud/
  • バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン
  • 対応ハード: Nintendo Switch™
  • サービス開始: 2018年5月24日(木)
  • 価格: 2,000円(税込)/180日プレイ券
  • 必要な空き容量: 約45MB ※専用アプリのDLが必要です。
  • 接続環境: 常時安定したインターネット接続環境(推奨環境:Wi-Fi 802.11ac 5GHzもしくは有線LANアダプター)
  • プレイ人数: 1人
  • CERO: Z(18才以上のみ対象)

Source: CAPCOM