『CoD:BO4』の“ブラックオプスパス”は個別購入不可、バンドルのみを用意 [更新]

『CoD:BO4』の“ブラックオプスパス”は個別購入不可、バンドルのみを用意 [更新]

UPDATE:Activisionはサポートページを更新し、通常版購入者でもブラックオプスパス単体で購入できると記載しました。「後日スタンドアロン版として提供される予定」とのことです。

Activisionのサポートページへ、『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』に関するいくつかの詳細が追加されました。それによると、先日発表された「Black Ops Pass(ブラックオプスパス)」の個別購入はできないことが明示されています。

Black Ops Pass

恒例だった“シーズンパス”を購入せずに特定のDLCパックのみを購入するユーザーが多いなか、これはこれまでになかった大きな変更。『CoD:BO4』のブラックオプスパスには以下のコンテンツが含まれます。

  • ローンチ時点から利用できるボーナスのゾンビモード体験「Classified(機密)」
  • 4つの追加ゾンビモード体験
  • 12個のマルチプレイヤーマップ
  • バトロワモード「Blackout(ブラックアウト)」の限定キャラクター4名

ブラックオプスパスは個別に買えない

ブラックオプスパスは現時点では、先日発表されたデジタルデラックス、デジタルデラックスエンハンスド、プロエディションにのみ付属。通常版の場合はローンチ後においてもそれらのエディションにアップグレードする必要があるとのこと。

もしデジタルの通常版を予約してしまった場合は、PSストア、Xboxストア、Battle.netにてアップグレードを購入することが可能です。

通常版のディスクは?

通常版のディスクを予約購入してした場合は、予約のアップグレードを行うのに小売店に問い合わせる必要があるとのこと。つまり、少なくとも現時点では直接的にアップグレードする手段が存在しないことを意味しています。

『BFV』などがシーズンパスやDLCを廃止したりと、業界全体が有料追加コンテンツの廃止に進むような流れを感じていましたが、『CoD:BO4』は少し時代に遅れた手法を選択したように見えます。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Charlie intel