おバカさ健在:カルト的人気を誇るシリーズ最新作『Serious Sam 4: Planet Badass』トレーラー公開

おバカさ健在:カルト的人気を誇るシリーズ最新作『Serious Sam 4: Planet Badass』トレーラー公開

クロアチアのスタジオ「Croteam」が開発し、世界各国でカルト的人気を誇るFPSシリーズ最新作『Serious Sam 4: Planet Badass』がE3 2018でデモ出展。主人公である伝説の戦士、サム・”シリアス”・ストーンはもちろんのこと、大量の敵をひたすらなぎ倒していくゲームプレイや、ユーモアに溢れた演出は本作でも健在です。

Serious Sam 4: Planet Badass ティザートレーラー

Serious Sam 4: Planet Badass — Teaser Trailer

128km四方のバカでかいマップ、ビークルが登場

『Serious Sam 4: Planet Badass』では、通常サイズのアリーナに加え、シリーズ初となる128 x 128キロメートルの広大なマップが登場。そんなバカでかいマップの移動を助けるために、バイク、コンバイン、更にはローマ教皇が公の場に姿をあらわす時に仕様する防弾仕様の車「パパモビル」などのビークルが登場。

カルト的人気を誇るシリーズ最新作『Serious Sam 4: Planet Badass』トレーラー公開、おバカさ健在

ただし、本作の特徴でもあるクルクルと円運動を繰り返したり、後ろ移動を行いながら敵をなぎ倒していく直線的なゲームプレイは健在。開発も128km四方というバカでかいマップなのにも関わらず、「オープンワールドではない」と公言しており、新しい要素を加えながらも「シリアスサム」らしさは失っていません。

数千の敵を産み出す「レギオンシステム」、仲間も戦闘参加

バカでかいマップが登場する本作ですが、それに合わせてシリーズでお馴染みの「カミカゼ」や「クレア」はもちろん、新たな種類の敵が「レギオンシステム」を通して数千単位で産み出されていきます。

Serious Sam 4: Planet Badass

そして、今まで以上の規模となる敵と戦うため、従来はカットシーンなどでしか登場しなかったロドリゲス、ジョーンズ、ヘルファイアなどの仲間が戦闘に参加。ただし、サムの強さは彼らと比べるとやはり段違いになる模様です。

Serious Sam 4: Planet Badass

カルト的人気を誇るシリーズ最新作『Serious Sam 4: Planet Badass』トレーラー公開、おバカさ健在

本作の発売日は現在のところ未定となっており、対応プラットフォームもSteamのみが記載されていますが、Xbox OneとPS4への対応は行われるものと見られます。発売日やゲームプレイの公開に期待しましょう。

Source: Serious Sam