モダンコンバット Versus:大規模アップデート1.8パッチノート公開、新モード「チームデスマッチ」や 新システム「スーパーチャージャー」など

モダンコンバット Versus:大規模アップデート1.8パッチノート公開、新モード「チームデスマッチ」や 新システム「スーパーチャージャー」など

基本無料のeスポーツ志向モバイルFPS『モダンコンバット Versus(バーサス)/MCVS』(iOS, Android)に近い内に適用予定の「アップデート1.8」のパッチノートが公開されました。新たなゲームモードやシステムなどの詳細が記載されています。

アップデートのハイライト

新ゲームモード:チームデスマッチ

  • 要望の多かった伝統的なチームデスマッチモードがゲームに追加
  • 2チームに別れお互いのプレイヤーを倒してポイントを稼ぐ
  • キルごとにチームに5ポイントが入る
  • 先に100ポイント集めたチームの勝利

新マップ:スタジアム

  • KORPとOCTOのトップエージェントが、4年に1度の「World Championship」を競うためのアリーナとして作られた。2058年は誰が勝つか?
  • スタジアムはアクションに溢れる小規模なマップ。完全に左右対照で作られておりクリーンな作りが特徴。競技性を強く意識した構造になっている
  • 観客の心を鷲掴みにし、スコアボードに表示されるスコアと一緒に打ち上がる花火を眺めよう

国際ビブスの導入

  • 新たなエージェントスキンを入手して、好きな国やチームを代表しよう!16カ国のビブスがゲームに追加
    • スイフト:アルゼンチン
    • セブン:ベルギー
    • ブレイズ:ブラジル
    • ハッシュタグ:中国
    • チャプカ:イギリス
    • モナーク:フランス
    • ミヌー:ドイツ
    • クルト:インド
    • ゴースト:イタリア
    • ローネン:日本
    • クリーパー:ポルトガル
    • タワー:ロシア
    • カブ:スペイン
    • カン:スウェーデン
    • ジューク:アメリカ

スペシャルイベント

  • 新たにVIPイベントと呼ばれるタイプのイベントがゲームに追加
  • イベントはより難易度が高いのと同時に、より多くの報酬が得られる。参加するためには入場料が必要(チケットや、時にはダイヤなど)
  • スペシャルイベントに参加できるだけのチケットを貯めておこう

スーパーチャージャー

  • ゲーム内に新たなアイテム“スーパーチャージャー”が出現
  • スーパーチャージャーはマップの主要な場所に出現。出現する10秒前に全てのプレイヤーの画面に表示される
  • 出現すると、最初に拾ったプレイヤーの体力が全回復しアビリティがすばやくたまるように。プレイヤーがアビリティ欄をタップして使用すると、8秒間コアチャージの速度が著しく増加
  • スーパーチャージャーはゲームプレイの中間地点として使用することができ、範囲にアクションやホットスポットを作り出す

新たなプレイヤーのための新人研修

  • 新規プレイヤーのためのマッチメイキングが修正され、最初のPvPでの数試合に新規プレイヤー同士が集まるように
  • プレイヤーは徐々に経験を積みながら、本来のマッチメイキングシステムに移行していく

ゲーム全般における変更

ゲームプレイの改善

  • 味方の体力アイコンのフィードバックが改善。より簡単に体力の色を認識できるようになり、円全体が強調されるのではなく、アイコンの周りのリングだけが強調表示されるように
  • 試合時間を表示するタイマーを画面の中央に移動
  • ウォーゾーンモードにて、最も近い2つのゾーンのマーカーのサイズを増加。どのゾーンが一番遠いのか判断しやすくなる
  • ゲーム画面の左上に表示されているスコアアイコンをメダルから王冠に変更
  • エイムアシストを調整。プレイヤーに一番近い敵にエイムアシストを行うのではなく、照準に一番近い敵へエイムアシストを行うように
  • 試合前のローディング画面を変更。マップのレイアウトとゲームのヒントを表示するように

バグの修正

  • 毒の効果が切れた後にクリーパーの煙幕が十分に早く消えない問題を修正
  • 特定のマップでBOTが動かなくなるバグを修正
  • アビリティが使用可能なときに発生するアビリティボタンの視覚的なバグを修正
  • カブがロケット発射中にデスした場合、アサルトライフルのリロードが終わらなかったり、射撃アニメーションが正しく再生されない問題を修正
  • 特定の契約やスペシャルイベントの目標において、達成済みの目標をカウントされない目標トラッカーの問題を修正
  • エージェントアビリティの視覚効果に関連する複数のクラッシュを修正
  • ローディング画面でプレイヤーのキルサインが完全に不透明になるように修正
  • ハッシュタグのハックドローンが味方のガジェットをハッキングしてしまう問題を修正
  • ザップトラップとポイズントラップの同期に関する問題を修正

エージェントのバランス調整

ゴースト

  • リセット後のアルティメットアビリティ「ハンター」のスタブ継続時間を10秒から5秒に減少

カブ

  • ロケット使用中に自身もダメージを喰らうように変更
  • ロケットの爆発範囲を0.5m減少
  • ロケットのダメージを12.5%減少

モナーク

  • アルティメットアビリティ「ル・マニフィックピストル」でダメージを与えた際に体力が回復するように変更

ハッシュタグ

  • アルティメットアビリティ「システムオーバーライド」が自身及び味方のコアチャージ速度を増加するように変更
  • 腰だめ撃ち時の一発ごとの反動が125%増加

  • 開発者のコメント:腰だめ撃ちの精度について
    腰だめ撃ち時(ADSを行わない射撃)の精度について小規模なオーバーホールを実施しました。対象となるのはマシンガン(サブマシンガン・アサルトライフル・ライトマシンガン)です。ほぼ全ての該当武器にて、わずかに腰だめ撃ち時の精度を増加させて一発ごとのリコイルを改善しています。

クリーパー

  • 腰だめ撃ち時の精度が23%増加

ミヌー

  • 腰だめ撃ち時の精度が25%増加
  • アドレナリンの体力回復が70%増加

ロック

  • 腰だめ撃ち時の精度が20%増加
  • ADS(照準を覗いているとき)の精度が25%増加

ジューク

  • 腰だめ撃ち時の精度が32%増加

カン

  • 腰だめ撃ち時の精度が29%増加

ノックス

  • 腰だめ撃ち時の精度が37%増加

アビリティーのハードクールダウン

スーパーチャージャーの導入に伴い、意図しないアビリティの過剰使用を防ぐためにクールダウンの見直しが必要に。ハードクールダウンとは、エージェントが特定の時間アビリティを再発動できなくる時間を意味する。以下がそれぞれのエージェントのハードクールダウン。

  • ロック:4秒
  • タワー:4秒
  • セブン:2秒
  • ゴースト:無し
  • モナーク:無し
  • ジューク:4秒
  • ハッシュタグ:無し
  • リボルブ:4秒
  • ブレイズ:6秒
  • ノックス:3秒
  • ローネン:7秒
  • ミヌー:3秒
  • クルト:3秒
  • クリーパー:1.8秒
  • チャプカ:5秒
  • カブ:5秒
  • カン:4秒

※パッチノートに記載されている内容は随時変更される可能性があります。最新のゲームの状態を確認するためにはライブゲームとゲーム内のアナウンスを確認してください。

関連リンク:公式ツイッターアカウント

『モダンコンバット Versus』はGoogle PlayApp Storeで基本無料アプリとして配信中。

Source: Official Facebook