Destiny 2:ハロウィンイベント「死者の祭り」が10月17日から開催、「孤独と影」非所有者も参加可能、クリプトアーキ殺人事件が発生

Destiny 2:ハロウィンイベント「死者の祭り」が10月17日から開催、「孤独と影」非所有者も参加可能、クリプトアーキ殺人事件が発生

前作『Destiny』でも好評だったハロウィンイベント「死者の祭り」が『Destiny 2(デスティニー 2)』で復活します。 D2版「死者の祭り」は3週間に渡り開催され、恒例となったハロウィンイベント限定のお面のほかに、イベント限定PvEコンテンツ、そしてクリプトアーキ殺人事件の犯人捜しがクエスト形式で届けられます。

死者の祭り 2018

  • 開催期間
    • 日本時間2018年10月17日(水)~11月6日(水)
  • 参加資格
    • 『Destiny 2』本編所有者(フリープレイ含む)なら誰でも参加可能

タワーがハロウィン仕様にデコレーション

Destiny 2:ハロウィンイベント「死者の祭り」が10月17日から開催、「孤独と影」非所有者も参加可能、クリプトアーキ殺人事件が発生
「いつまでも落ち込んでいてはケイドに嫌われる」と死者の祭りを開催したアマンダ・ホリデイ。 一方、前作で死者の祭りを担当したエヴァ・レバンテはタワー崩落から行方不明のまま
  • アマンダ・ホリデイがイベント用バウンティを提供
    • バウンティを完了するとお面を購入できる通貨“Fragmented Souls”を入手
    • イベント限定オートライフル「ホラーストーリー」も購入可能
    • イベント限定勝利の道のりが解禁

死者の祭り限定PvE「Haunted Forest」

Destiny 2:ハロウィンイベント「死者の祭り」が10月17日から開催、「孤独と影」非所有者も参加可能、クリプトアーキ殺人事件が発生

「死者の祭り」の期間中に、イベント限定となる最大3人向けのPvEコンテンツ“Haunted Forest(直訳するとお化けの森)”が開催されます。

  • 15分以内に全ての敵を倒すのが目的
    • 進行度が進めば進むほど敵が強くなっていく
  • マッチメイキングあり。 事前にFTを組んでいくのも、ソロでプレイも可能
  • フリープレイを含む全てのプレイヤーが参加可能

クリプトアーキ殺人事件

Destiny 2:ハロウィンイベント「死者の祭り」が10月17日から開催、「孤独と影」非所有者も参加可能、クリプトアーキ殺人事件が発生
Bungieに「エッジ・トランジットを渡されて怒った誰かに殺害されたかもしれない」とジョークを飛ばされるマスター・イベス

ケイド6の死に続き、ガーディアン達の恨みによりクリプトアーキが殺害される事件が発生。 被害者はマスター・ラフールマスター・イベス。 前作に登場しベスタ基地に常駐していたクリプトアーキ。

日本時間10月31日水曜日に殺人犯を追跡する専用クエストが配信。

イベント限定アイテムも販売

Destiny 2:ハロウィンイベント「死者の祭り」が10月17日から開催、「孤独と影」非所有者も参加可能、クリプトアーキ殺人事件が発生

死者の祭り開催中はレベルアップのたびにステッドファストエングラムに加えて、イベント限定エングラム“Ephemeral Engram”を入手できます。 このエングラムからはイベント限定のゴースト、船、スパロー、感情表現の他、イベント限定防具やシェーダーが手に入る模様です。

また、イベント中はエバーバースにてシルバーで“Ephemeral Engram”の直接購入、シルバーダストでその週の店売りアイテムを購入可能とのこと。

孤独と影購入者だけでなく、フリープレイや1年目コンテンツのみを所有しているプレイヤーも参加可能な「死者の祭り」は10月17日から開催されます。

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie