R6PL:チームコスチューム販売、大会でLion公式BANなどの変更点まとめ

R6PL:チームコスチューム販売、大会でLion公式BANなどの変更点まとめ

ユービーアイソフトは公式大会「レインボーシックス プロリーグ シーズン8 ファイナル」にて、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のプロチームコスチュームの販売を発表しました。そのほかプロリーグのルール変更も行われます。

プロチームコスチューム

販売されるのは以下の10種。コスチューム販売売上の一部はプロチームへ還元されます。

  • Hibana – FaZe Clan
  • Mira – Immortals
  • Thatcher – Fnatic
  • Buck – Rogue
  • Pulse – Evil Geniuses
  • Legion – Penta Sports
  • Twitch – SK Gaming
  • Vigil – Mousesports
  • Smoke – Team Liquid
  • Glaz – Ninjas in Pyjamas

プロリーグ ルール変更

ラウンド数変更

プロリーグ ルール変更

プロリーグでは攻撃・防衛ラウンド共に1ラウンドずつ増え、先に7ラウンド取ったチームが勝利となります。リーグ戦は延長戦なしで1マップのみ、オフライン大会では延長戦ありで2マップ先取ルールには変わりません。

Six Invitational 2018

six invitational 2018

賞金総額は100万ドル(約1.1億円)。今回のシーズン8 ファイナル出場8チームと、Dreamhack Montreal優勝チーム(Cloud9)、Dreamhack Winter優勝チーム、Open Qualifiesから6チーム(EU 2チーム、ラテン2チーム、北米とAPAC1チームずつ)の計16チームで競います。決勝で延長戦に突入した場合、マップポイントを得るには2ラウンド連続で取る必要があります。

Lion BAN

[速報]R6S: ついにLION弱体化とリコイル修正、シーズン中間パッチ1.2に先駆けて実装予定

実装直後はピック率100%、弱体後もBANピック率がかなり高めだったLionがついに公式大会で使用禁止になります。なお予定されていたLionのリワーク調整はテスト段階に入るとのこと。防衛側はEE-One-Dのウォールハックに怯える必要がなくなります。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。