CoD:BO4:「第1回 CWL 日本代表決定戦」優勝はLibalent Vertex、日本代表としてCWL フォートワース出場へ

CoD:BO4:「第1回 CWL 日本代表決定戦」優勝はLibalent Vertex、日本代表としてCWL フォートワース出場へ

闘会議 2019にて『CoD:BO4』の公式大会「Call of Duty World League(CWL)」への出場権を懸けたトーナメント戦「第1回 CWL日本代表決定戦」が開催。Libalent Vertexが優勝し、「CWL フォートワース」へ日本代表チームとして出場することが決まりました。

第1回CWL日本代表決定戦

グランドファイナルではLibalent VertexとCYCLOPS athlete gamingが対戦。1マップ目のハードポイントは序盤どちらも互角の戦いを繰り広げますが、2拠点を連続で長時間確保したLibalentが勝利します。次のサーチアンドデストロイはなんと1ラウンドも落とさず連取します。

しかしCYCLOPSもここから意地を見せ、的確なリスポーン管理により連続でマップ奪取。2-2のタイに持ち込みます。第5ゲームのサーチアンドデストロイも最終ラウンドまでもつれ込む大熱戦になりますが、最後はsitimentyo選手が決めました。

Libalent Vertexは先日の「CWL ベガス」でアジアチームではトップの成績を収め、APAC 2kトーナメントではトップ8に入るなど素晴らしい活躍を既に見せています。世界トップクラスには大きな壁がありますが、日本勢の維持を見せてほしいところです。

順位

元プロチーム所属の選手もいるUnsold Stuff Gamingや匠 Festivalが存在感を示しました。Rush GamingはリーダーのGreedZz選手が無期限活動休止しているとはいえ、少し残念な結果に。まずはGreedZz選手の一刻も早い復帰を祈りたいところです。

  1. Libalent Vertex
  2. CYCLOPS athlete gaming
  3. Unsold Stuff Gaming
  4. 匠 Festival
  5. GGWP
  6. Rush Gaming
  7. 野良連合
  8. XD Axis

大会の模様は以下から確認できます。

第1回「CWL日本代表決定戦」闘会議2019 Day.1

第1回「CWL日本代表決定戦」闘会議2019 Day.2

※本大会で使用するゲームモードには、「CERO:Z(18 才以上のみ対象)」に該当する表現は含まれません。

Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。