Bethesda、『RAGE 2』『Fallout 76』『DOOM Eternal』『Wolfenstein』新作2本をSteamでリリースへ

Bethesda、『RAGE 2』『Fallout 76』『DOOM Eternal』『Wolfenstein』新作2本をSteamでリリースへ

Steam離れ」が加速しているとされる昨今のPCゲーム界隈ですが、ベセスダ・ソフトワークスが離れていたSteamに帰還することを発表しました。

ベセスダのSteam還り?

世紀末オープンワールドFPS『RAGE 2』正式発表、アナウンストレーラー公開

Epic Games Storeの登場や各パブリッシャーが独自のサービスでPC版をリリースするトレンドにより「Steam離れ」が進んでいるともされているPCゲーム界隈。このトレンドに乗ってか独自ランチャーbethesda launcherをリリースしていたBethesda Softworksですが、複数の自社タイトルをSteamでリリースすることを発表しました。

ただし『The Elder Scrolls Online』のようにまずはbethesda.net、後にSteamでリリースという前例もあるので、一言に「Steam離れ」や「Steam還り」とひとくくりにする話ではないと思われます。

DOOM最新作:『DOOM Eternal』発表、ゲームプレイは8月10日公開 [E3 2018]

この発表によると、5月に発売される新作FPS『RAGE 2』、2019年発売予定の『Wolfenstein: Youngblood』、 『Wolfenstein: Cyberpilot』、『DOOM Eternal』はベセスダの自社ストアとSteamの両方でリリースするとのこと。 あわせて、既に発売済みの『Fallout 76』も2019年中にSteamからもリリース予定です。

なぜBethesdaがこのような判断をしたのかは明示されていませんが、PCゲームプレイヤーにとってランチャーの分散化は煩わしい問題。歓迎するファンも多いのではないでしょうか。

Source: Bethesda

コメントする