CoD:BO4: 作戦「忍び寄る幻影」でさらなる新武器や50対50のブラックアウト「Ground War」追加へ

CoD:BO4: 作戦「忍び寄る幻影」でさらなる新武器や50対50のブラックアウト「Ground War」追加へ

全プラットフォームでブラックアウトのモードAmbush」が復活を果たした『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』ですが、Treyarchは最新のツイートにて作戦「Spectre Rising(忍び寄る幻影)」の開催期間中に新武器や50対50のブラックアウトモード「Ground War」を追加予定であることを明かしました。

追加武器はタクティカルライフルとスナイパーライフル + 何か?

Treyarchはユーザーが新たなスナイパーライフルについて言及したツイートに返信。「君が知っていると思っている武器に加えて、さらなる新武器の追加が計画されている」と語っています。

「君が知っていると思っている武器」は先日コンパニオンアプリからリークしたタクティカルライフル「S6 Stingray」に加え、「グランドハイスト」のトレイラーに登場したものの延期となったスナイパーライフル(名称はVendettaと噂)を指しているものと思われます。

現在の密輸品ストリームは現地時間の6月4日にPS4で終了を迎え、同じ日に「Spectre Rising(忍び寄る幻影)」の後半と季節イベント「Days of Summer」が開催される見込みとなっています。

この6月4日に新たなコンテンツや武器が配信されるのが順当なので、新武器の追加もこの日になると予想されます。

50対50のブラックアウトモード「Ground War」も登場

さらにTreyarchは「Spectre Rising(忍び寄る幻影)」中に追加予定であったブラックアウトのモード「Ground War」についても言及。50対50の大規模戦となる本モードは作戦の後半、つまり6月4日以降に追加予定であることも明かしています。

6月4日に近づくに連れて様々な詳細が公開されるものと見られるので、EAA!!からの続報にご期待ください。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    懐かしきバリスティックナイフ

  2. By 北条沙都子

    バリナイ来い!

コメントする