NVIDIAが新型GPU「GeForce RTX SUPER シリーズ」発表、最速のゲーミング性能を誇り同クラスのGPUを凌駕する電力効率

NVIDIAが新型GPU「GeForce RTX SUPER シリーズ」発表、最速のゲーミング性能を誇り同クラスのGPUを凌駕する電力効率

NVIDIAは本日、クラス最高のゲーミング性能を持ちリアルタイム レイトレーシングを可能にする新型GPU「GeForce RTX SUPER シリーズ」を発表しました。GeForce RTX 2060 SUPER、GeForce RTX 2070 SUPER、GeForce RTX 2080 SUPERの3種が用意され、価格はRTX 2080 SUPERは399ドル~699ドル(約4.3万円~7.5万円)となっています。

RTX SUPERシリーズ発表

「手に入れろ SUPER パワー」GeForce RTX SUPER シリーズ 公式ローンチトレーラー

昨年には超リアルな視覚効果を与えるレイトレーシングに対応する初の製品「RTX 20 シリーズ」が発売され話題となりましたが、NVIDIAは発売後約1年間でアーキテクチャおよびプロセス処理の最適化を実施。新しい RTX SUPERシリーズは最速のゲーミング性能を出しつつ、同クラスの他のゲーミングGPUを凌駕する電力効率を備えています。

登場当時はまだ少なかったレイトレーシング対応ゲームですが、最近では『コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア』を始め、『Wolfenstein: Youngblood』『サイバーパンク2077』『Doom Eternal』『ウォッチドッグス レギオン』などの名だたる作品が対応を発表しているほか、次世代機PS5(仮)でも採用予定。また無料体験版としてレイトレーシングに対応した『Quake II RTX』も配信されています。

ラインナップ

rtx super NVIDIAが新型GPU「GeForce RTX SUPER シリーズ」発表、最速のゲーミング性能を誇り同クラスのGPUを凌駕する電力効率
RTX SUPERシリーズには、既存のGeForce RTX 2060 (349ドルより) とGeForce RTX 2080 Ti (999ドルより) が引き続きラインナップされます。明言はされてないものの、RTX 2070とRTX 2080は販売を終了すると見られています。

  • GeForce RTX 2060 SUPER GPU – 399 ドルより、7 月 9 日にから販売開始入手可能
    • RTX 2060 を最大で 22% (平均 15%) 上回る処理速度
    • 8GB の GDDR6 メモリー – RTX 2060 より 2GB 拡張
    • GTX 1080 を上回る処理速度
    • 7+7 TOPS (FP32+INT32) および 57 Tensor TFLOPS
  • GeForce RTX 2070 SUPER GPU – 499 ドルより、7 月 9 日にから販売開始入手可能
    • RTX 2070 を最大で 24% (平均 16%) 上回る処理速度
    • GTX 1080 Ti を上回る処理速度
    • 9+9 TOPS (FP32+INT32) および 73 Tensor TFLOPS
  • GeForce RTX 2080 SUPER GPU – 699 ドルより、7 月 23 日にから販売開始入手可能
    • メモリー速度が 15.5Gbps まで向上
    • TITAN Xp を上回る処理速度
    • 11+11 TOPS (FP32+INT32) および 89 Tensor TFLOPS

GeForce RTX GPUはリアルタイム レイトレーシングに対応しているだけでなく、NVIDIA Deep Learning Super SamplingやNVIDIA Adaptive Shadingにも対応。VRも含めた画像の品質を損なうことなく性能を向上させることができます。

ゲーム2本の無料バンドルキャンペーン

7月9日からの期間限定で、GeForce RTX 2060 SUPER / 2070 SUPER / 2080 SUPERを搭載したグラフィックス カードまたはデスクトップPCを指定の方法で購入することにより、リアルタイム レイトレーシングに対応するゲーム2本『Control』『Wolfenstein:Youngblood』を入手することができます。

Source: PressRelease

コメントする

*