CoD:MW: キャラクターのスキンなどは「リアルで現実味のある」デザインに、蛍光やピンクのスキンは登場しない?

CoD:MW: キャラクターのスキンなどは「リアルで現実味のある」デザインに、蛍光やピンクのスキンは登場しない?

8月2日を予定しているマルチプレイヤーの完全お披露目が迫る『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』ですが、開発者がキャラクターのスキンに関して言及。キャラクタースキンにおいても「リアルで現実味のある」という方向性が揺るがないものであることを明らかにしました。

スキンもリアルで現実味のあるものに

これは「ピンクや虹色のスキンや、光るスキンなどリアルではないキャラクタースキンはやめてくれ」というRedditでのユーザーの訴えかけに対して、Infinity Wardの開発者が返答したことから明らかになったもの。Infinity Wardは「北極星のように揺るがないもの。それは、リアルで現実味のあることだ」と述べています。

特に未来を舞台にしたCoD作品においてはアウトフィットなどのスキンの創作はかなり自由度が高く、見た目は楽しい反面、「戦場」にはふさわしくない現実味が薄いものも数多く登場します。

BO4-Days-of-Summer-04
参考:前作ブラックオプス4 の目が覚める色使い

『CoD:MW』ではInfinity Wardは現代戦を舞台にリアルなストーリーで展開し、それぞれのモードの繋がりに重点を置く『CoD:MW』において、ゾンビという存在がフィットしないことから、ゾンビを廃止して「スペシャルオプス」の復活を決断しています。

季節イベントなどを彩るものと言ってしまえばそれまでですが、モードを横断した世界観の統一や今までにないリアルさを追求している本作で、いきなり極彩色のスキンが登場したとすると拍子抜けになるのは確かと言えます。

しかし、季節やイベントごとに合わせたユーモアのあるスキンや、伝統の金武器やド派手な武器迷彩の存在はプレイヤーの楽しみの1つであるとも言えます。ここのバランスをどのようにリアルさを保ちながら実現するか。Infinity Wardの手腕に注目が集まりそうです。

CoD:MW: ゾンビモードは「リアルな現代戦にそぐわない」ため非搭載で確定、シングルと協力モードはシームレスに連携

CoD:MW:すべてのモードに共通の世界観とルールが適用、武器や装備の挙動もモード間を通して共通に

CoD:MW:スペシャルオプス復活、『COD:MW3』以来誰も見たことがない限界を超えたモードに

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Reddit

購読
通知
guest
17 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
1 年 前

頼むから変な服装だすなよ
仮装したいやつはBOやっててくれ

Anonymous
Anonymous
1 年 前

そりゃBO3やBO4みたいな仮装パーティーなんて望んでる奴ガキくらいだろ
地味で大いに結構

あ
1 年 前

ごめんね、もうさ、必死に煽ってもさ、CODは買わないんだ。ごめんね。

いい加減消費者舐めんなよって話。全部知ってるから。

もう今年は騙されません。発売してから年越すまでにフレンドが5割以上やってたら検討するね。

まあ今作も年越したらほとんど誰もやってない状況になるのは目に見えてるけどね。

Anonymous
Anonymous
1 年 前
返信する 

bo4もそうだがキラキラやド派手な物もあっていいけど、黒や茶色とか単純な色も用意してくれや

匿名
匿名
1 年 前

似たり寄ったりで茶色と焦げ茶の違いレベルのスキン群になったら笑う

Anonymous
Anonymous
1 年 前

またww2みたいな地味な迷彩ばっかになるのか

Anonymous
Anonymous
1 年 前

MW3みたいな感じでいいんじゃん? 楽しみに待ってるよ

Anonymous
Anonymous
1 年 前

これcod勢的にはどうなんだろ
俺はcodあんまやらないけどダイヤ迷彩とかオーラが光ってるような迷彩とか正直ダサくね?と思ってたからこれは嬉しい

Anonymous
Anonymous
1 年 前
返信する  Anonymous

ぶっちゃけスキンは一人称だと見えないし、銃の迷彩があれば十分かな
ダイヤ迷彩とかはあくまでチャレンジ要素だから地味な迷彩が好みなら無理して取る必要はないし

Anonymous
Anonymous
1 年 前

MGS4、MGSVでアサルトライフルやサブマシンガンを寝かせて構えるシーンがあるんだけどアレってなんなの?
仲間に薬莢が当たらないように飛び出る方向をコントロールしてるの?

Anonymous
Anonymous
1 年 前
返信する  Anonymous

うろ覚えだけど、それはSBUプローンという構えで、元はスペシャル・ボート・ユニット(SBU)がゴムボートの縁に伏せて構える様に考案された構え。
遮蔽物からより頭を出さず、ないしはホフク時にマガジンをつっかえさせずに伏せられる。

転じて、ガスマスク等で頬付けが困難な際にも使用される。
(通常の構えよりも目線の高さと銃身のラインを可能な限り近く出来る)

余談だけどお、真横というより斜めな構えについては、長距離スコープと近距離用バックアップサイトとの切り替えで構えたり、近距離戦闘における取り回しを良くする為に構えたりする。
(後者の場合、通常の構えよりも腕の力を素直に入れられる為、リコイルの制御にも効く)

まとめると、
・頭を出さない為
・頬付け出来ない時に有効
・照準器を2個付けてる時に有効
・近距離戦闘で有効
・格好良い

Anonymous
Anonymous
1 年 前
返信する  Anonymous

薬莢関係無かった…
解説ありがとう

Anonymous
Anonymous
1 年 前

こんなこと言わない方が良いかもしれないけど数年前にも“リアル路線”で”世界観を第一に”って売り出したCoDあったなって

Anonymous
Anonymous
1 年 前
返信する  Anonymous

あのときは会社のゴタゴタの直後やったから…

Anonymous
Anonymous
1 年 前

宇宙服も出してええんやで