CoD:MW:協力モード「スペシャルオプス」は史上最もディープでやりごたえ充分、キャンペーンモードと密接にリンク

CoD:MW:協力モード「スペシャルオプス」は史上最もディープでやりごたえ充分、キャンペーンモードと密接にリンク

マルチプレイヤーのオープンベータ開催に期待が集まる『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』ですが、Infinity WardのアートディレクターJoel Emslie氏が本作の協力モードとなる「スペシャルオプス」に関して言及。スペシャルオプスがキャンペーンモードの延長として機能し、過去のスペシャルオプスと比べても遥かな深みを持ったモードとなることが明らかになりました。

CoDMWの「スペシャルオプス」について

リアリティーを追求し、存在するモード全てでの世界観の統一を行っている『CoD:MW』。すでにゾンビモードが廃止されることが発表され、その代わりに誕生したのが最大4人でのプレイが可能で、分割画面にも対応した協力モードである「スペシャルオプス」になります。

海外メディアとのインタビューの中でEmslie氏は、本作のスペシャルオプスが過去作に存在したものより”遥かに深い”ものになると発言。このことからも、スペシャルオプスはオマケモードではなく過去作のゾンビモード同様、充分なボリュームを持ち、綿密に練られた大規模なモードとなることが伺えます。

キャンペーンモードの延長としても楽しめる

CoDMW keyart
また、Emslie氏はスペシャルオプスが”キャンペーンモードの延長”になるとも説明。以前からもキャンペーンモードとスペシャルオプスは強い結びつきを持っているとされていました。キャンペーンモードをこよなく愛するファンや「ゾンビはやらない」というCoDユーザーにとっても、今作のスペシャルオプスはプレイしてみる価値のある魅力的なモードになることが期待できます。

ローンチ後にもアップデート

その他にも、ローンチ後のスペシャルオプスにおける新コンテンツの配信に関しても言及があり、アップデートや新ミッション配信などがローンチ後に行われることが明らかされました。シーズンパスが廃止された本作ではこのアップデートと新ミッションも無料で配信されるのが濃厚だと予想されます。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Game Informer, via charlieINTEL

COMMENTS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    人それぞれだな
    俺はスペシャルオプスの方が全然好きだった。

  2. By 匿名

    民間人が登場するかで評価が分かれるだろうな。出なければ普通の協力プレイで好評、出るなら誤射でランクが下がり人が抜けていくまたは回線抜きでクソゲー。

  3. By 匿名

    毎年新鮮とかシリーズ史上とか言ってて草生えるからやめろ

  4. By 匿名

    確かにゾンビとかに飽き飽きしてたから楽しみ

  5. By 匿名

    エイリアンやりてぇな

  6. By 匿名

    ステルスはやめろ
    繰り返すステルス強制はやめろ

  7. By 匿名

    マルチは少し不安要素あるけどこれは凄い期待してる 面白そう

  8. By 匿名

    敵が人で銃で撃ってくるのはワクワクしないんだよな〜ゾンビやエイリアンで脱出あるのがいい

コメントする

*