TGS 2019:BenQ ZOWIEがTGS初出展、eスポーツビジネス参入をテーマにしたTGSフォーラム講演も

TGS 2019:BenQ ZOWIEがTGS初出展、eスポーツビジネス参入をテーマにしたTGSフォーラム講演も

ベンキュージャパンは、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019に出展することを発表しました。

ゲーミングモニターやマウスで知られるBenQ ZOWIEですが、東京ゲームショウへの出展は意外にも今回が初。当日は最新モデルの展示や、協力企業提供のもとでゲーミングカフェを疑似体験できるブースが用意されます。またeスポーツビジネスに関するフォーラムや特設ステージ「e-Sports X」への機材提供も行われます。

BenQ ZOWIEがTGSへ初出展

初出展ブースでは「ゲーミングカフェ(ZOWIE Gaming Café)」環境をコンセプトに、世界中のゲーム大会で継続活用されているXL2546やゲーミングギア製品を展示すると同時に、イベント運営やソリューションツールのデモ紹介など、パートナー企業様と共同で出展いたします。

出展概要

  • 期間:ビジネスデイ9月12日(木)~9月13日(金) 10時から17時
  • 会場:幕張メッセ 国際展示場 ホール4 ビジネスソリューションエリア 小間番号 : 4-N08
  • 協力会社
    • 株式会社テクノブラッド(デスクトップランチャー提供)
    • 株式会社RIZeST(イベント運営提供)
    • 株式会社サードウェーブ(PC「GALLERIA ZZ」提供)
  • 展示内容

TGSフォーラムでの講演

TGSフォーラム講演では「eスポーツ参入への第一歩」と題して、eスポーツ業界の先駆者である、BenQ、RIZeST、スサノオ3社の取り組みを一気に紹介します。BenQは日本eスポーツ業界の現状及び将来性について、グローバルの視点から解説します。RIZeSTは、業界の第一線を走り続けるパイオニア企業として、eスポーツビジネスのマネタイズ方法を紹介いたします。スサノオは、京都最先端eスポーツ施設をなぜ無料開放するのか、その戦略と8つの戦術について共有いたします。

eスポーツ新規参入や事業内容拡大を検討しているビジネスオーナーにとっては、様々な視点からノウハウを聞け、ビジネスソリューションのヒントとなる良いきっかけになりますので、ぜひご来場ください。

  • 日時:9月13日 14:00~15:00
  • テーマ:eスポーツ参入への第一歩~BenQ、RIZeST、スサノオ3社の取り組みを一気に公開
  • 登壇者
    • Gavin Wu氏(BenQアジアパシフィック eスポーツ事業のビジネスマネージャー)
    • 古澤 明仁氏(RIZeST 代表取締役)
    • 中野 貴博氏(株式会社スサノオ 代表取締役)
  • 会場:幕張メッセ 国際会議場 201会議室
  • 定員:150名(先着順)
  • 費用:無料
  • 参加申し込み:https://eventregist.com/e/tgsforum2019

BenQ ZOWIE Official Supplier「e-Sports X」

BenQは、e-Sports活動を、真剣勝負している選手の持つ夢や感動をもたらす重要なものと位置づけており、常に挑戦するプレイヤーのみなさまを応援しております。こういった中で、TGSにおいて実施されるe-Sports X(クロス)では、プロゲーマー目線から見た最高のゲーミングデバイスを開発し、選手の夢と希望にこたえていくことに使命感を持って日々品質向上に取り組むことで実現したモニターを提供させていただいております。世界各国のゲーミングカフェ環境で活用されているモニターとして、BenQ独自の技術やレスポンスなど、競技を通じて体感することができます。



Source: BenQ

コメントする