NVIDIAが『CoD:MW』オープンベータや『ボーダーランズ3』向け最新ドライバ配信、備えよう

NVIDIAが『CoD:MW』オープンベータや『ボーダーランズ3』向け最新ドライバ配信、備えよう

NVIDIAは最新タイトルに最適化したドライバー「GeForce Game Ready Driver ver. 436.30」の配信を開始しました。このドライバーでは『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』オープンベータのほか、『Gears 5』『ボーダーランズ3』への最適化が行われています。

このほかG-SYNC対応モニターの拡充が行われています。

PC版『CoD:MW』オープン ベータ向けGame Readyドライバ

Call of Duty: Modern Warfare | Multiplayer Beta Trailer

NVIDIA は、たとえゲームが開発中であっても、あらゆるゲームの第一印象を良くするために取り組んでいます。Game Ready ドライバは、ゲームの大きな節目のすべてに対応することを目標としています。つまり、ゲームをプレイするたびに最高の体験が得られるように、NVIDIA は絶えず努力をしています。ゲーム タイトルがパッチや DLC によって新たなコンテンツや機能が加わって進化するように、NVIDIA のドライバも進化します。

すべての NVIDIA Game Ready ドライバは、Microsoft WHQL 認定を受けています。これらドライバは、ほとんどの主要なゲーム タイトルの発売日あるいはその前に提供され、最高のパフォーマンスと完璧なゲームプレイを実現するように調整されています。

初のG-SYNC Compatibleゲーミング対応TV

ソファに座って大画面で、テアリングや垂直同期による入力遅延がないゲームをしたいと思いませんか? NVIDIA と LG が、そのソリューションを提供します。LG の業界最高の2019 年 4K OLED テレビのうちの 5 つのモデルが、 G-SYNC Compatible として認定されました。LG 「E9」 および 「C9」 モデルは、55 インチから 75 インチまでのサイズがあり、G-SYNC Compatible のファームウェア アップデートがまもなく提供される予定です。

G-SYNC ディスプレイがさらに追加

G-Sync Compatible プログラムを通じて G-SYNC エコシステムは拡大を続けています。エントリーレベルでありながら、優れた可変リフレッシュレート (VRR) を経験できるディスプレイを一貫した品質で提供することで、消費者の理解を深めようとしています。

今回の新たなドライバでは、以下の 6 つの新型モニターが G-SYNC Compatible のリストに追加されました。

  • ACER VG252Q
  • ACER XV273 X
  • GIGABYTE AORUS FI27Q
  • GIGABYTE FI27Q-P
  • LG 27GL650
  • LG 27GL63T

G-Sync Compatible プログラムでは、NVIDIA はモニター OEMと連携して AdaptiveSync プロトコル対応モニターでの体験を検証しています。その検証に合格したモニターが、「G-SYNC Compatible」として指定されます。G-SYNC Compatible ディスプレイの全リストは、 こちらをクリックしてください。

PC版『CoD:MW』のオープンベータは9月20日より開催。製品版はレイトレーシングに対応します。


MSI GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6857

MSI GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6857

41,432円(09/22 13:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: PressRelease

COMMENTS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    単にアプデした方が良いってこと?

コメントする