HyperXが新ゲーミングデバイス製品を一挙発表、3Dオーディオ対応ヘッドセットや日本語配列メカニカルキーボードなど

HyperXが新ゲーミングデバイス製品を一挙発表、3Dオーディオ対応ヘッドセットや日本語配列メカニカルキーボードなど

Kingston Technologyは、東京ゲームショウ2019にてゲーミングブランド「HyperX」の新ゲーミングデバイス製品を一挙発表しました。

Cloud Orbitヘッドセットは「Audeze」MobiusのOEMモデルで、Bluetooth接続がなくなっているものWaves NXによる3Dオーディオを体験することができます。Alloy Originsメカニカルキーボードは初となる自社設計のレッドスイッチを搭載し、日本語配列を採用しています。このほか低音域スライダーを備えたCloud Alpha Sヘッドセット、ワイヤレス充電に対応したPulsefire Dartワイヤレスマウスなどがamazonにて予約受付を開始しています。

製品特長

Cloud Orbit、Cloud Orbit S

Cloud Orbit

これらのCloud Orbitヘッドセットは、イヤーカップにある一体型オーディオコントロール機能により、HyperXカスタムチューニング7.1サラウンドサウンドを含む各種機能を、ワンタッチで簡単に切り替えることができます。また、個々のユーザーのニーズに合わせて3Dオーディオ設定を簡単に校正できる高度なオーディオカスタマイズ機能、カスタマイズ可能なルームアンビエンス、プリセットされた内蔵EQプロファイルを備えています。

3Dヘッドトラッキングテクノロジーを搭載したCloud Orbit Sは、頭の位置と動きを毎秒1000回の速さで追跡することで、音の定位と精度を正確に捉えます。また、HyperX Orbit Sソフトウェアとペアリング可能なジェスチャーコントロール機能も備えているため、頭部のジェスチャーをキーボードの操作と対応させることができます。この機能は、身体の可動域に制限があるゲーマー向けの代替入力方法として使用したり、追加で頭部ジェスチャー入力が利用できることによるアドバンテージとして使用することができます。

Cloud OrbitとCloud Orbit Sはどちらも、脱着可能なノイズキャンセリングマイクと柔軟なブームおよび内蔵ポップフィルター、3種類の脱着可能なケーブルオプションとマルチデバイス互換性、3Dオーディオ設定のためのオンボードでのオーディオおよびマイク制御、EQプロファイル、ヘッドセット設定を確認するための音声インジケーター付きの音量およびマイク制御が付属します。


Alloy Origins

Alloy Origins

HyperX Alloyキーボードは、耐久性と信頼性で定評があり、頑丈なフレームと高品質なスイッチを採用しています。さらなる改良を加えるため、HyperXは初のHyperXレッドキースイッチを開発し、新しいAlloy Originsキーボードに採用しました。45gの作動力、1.8mmのアクチュエーションポイント、3.8mmのキーストロークが特徴で、最高レベルの応答時間を求めるゲーマーに最適です。最大8,000万回の打鍵耐久性があるHyperXキースイッチは、熾烈な戦いの間も安定してゲームをプレイできる抜群の耐久性を誇ります。

Alloy Originsはフルサイズのメカニカルゲーミングキーボードであり、FPSゲームでデスクトップスペースを広く活用できる省スペース設計です。最大3つのカスタムライティングプロフィールに対応し、オンボードメモリに直接保存できるため、外出先で設定を呼び出すことも、マクロ設定を行うこともできます。Alloy Originsのキースイッチ上のLEDがダイナミックなライティングを実現。より明るく鮮やかなRGBライティングを提供します。最新バージョンのHyperX NGenuityソフトウェアを使用してライト効果をカスタマイズでき、キーごとにRGBを制御できます。直感的に操作できるユーザーフレンドリーなインターフェイスデザインです。

Cloud Alpha S

HyperX Cloud Alpha S

新しいCloud Alpha Sは調整可能な低音域スライダーを備えているため、低音を3段階で微調整できます。また、カスタムチューニングされたオーディオコントロールボックスとHyperX 7.1サラウンドサウンドを搭載しています。ゲームとチャットの音声バランスを制御でき、それぞれの音量を個別に調整できます。Cloud Alpha Sはデュアルチャンバーテクノロジーを搭載し、驚くほど広い音域と音質によりゲームサウンドを忠実に再現します。 デュアルチャンバーは低音域を中音域と高音域から分け、ゲーム、音楽、映画に没入できる、より現実的でダイナミックなサウンドを生み出します。

Pulsefire Dart

HyperX Pulsefire Dart

HyperXでは、ゲームに関して究極的な自由と利便性をゲーマーの皆さまにお届けしたいと考えています。その一例が成長を続けるワイヤレス充電器のエコシステムです。HyperX初のワイヤレスゲーミングマウスであるPulsefire Dartは、2.4 GHzのワイヤレス周波数で動作し、Pixart 3389センサー、3種類のプリセットされたDPI設定とLEDインジケーター(800/1600/3200)、および最大16000 DPIまでのネイティブDPI設定を利用します。Omron社製スイッチを使用した左右のマウスクリックボタンは個別にデザインされており、高速応答時間とスイッチごとに5000万回のクリック耐性を誇ります。RGBライト効果の高度なカスタマイズ機能、6つのプログラムを設定できるボタンとマクロが、HyperX NGENUITYソフトウェアを使用して自由に設定できます。Pulsefire DartはQi認証ワイヤレス充電器3 と互換性があり、1回の充電で最大50時間という駆動時間の長さが特徴です。

ChargePlay Base

ChargePlay Base

HyperX ChargePlay Baseはマルチデバイス対応のワイヤレス充電器であり、充電パッドあたり定格10ワットのQi規格準拠デバイスを、2台同時に充電できます。5ChargePlay Baseには個別のバッテリーインジケーターディスプレイがあるため、デバイスの充電状況を簡単に監視できます。

Source: PressRelease

コメントする