CoD:MW:賞金総額6.4億円の公式リーグ「コール オブ デューティ リーグ」発表、公式サイトからチーム名もリーク

CoD:MW:賞金総額6.4億円の公式リーグ「コール オブ デューティ リーグ」発表、公式サイトからチーム名もリーク

Activisionは『コール オブ デューティ』シリーズの公式大会「コール オブ デューティ リーグ(CoDリーグ)」を正式に発表しました。2020年より『CoD:MW』で実施されます。

また、公開された公式サイトのコードから地域毎に割り振られたチーム名もリーク。そこには参画が発表されていないとある有名チームの名前が確認できます。

「CoDリーグ」正式発表

Call of Duty® League™ – Reveal Trailer

CoDリーグは北米とヨーロッパの11都市に拠点を置く12のプロチームで構成される、都市ベースのeスポーツリーグ。開幕シーズンのタイトルは『コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア』となり、5v5の形式でプラットフォームはPlayStation 4を採用。プロ選手は都市から都市へと移動して試合を行い、賞金総額600万ドル(約6億4,467万円)以上と、世界の頂点である「コール オブ デューティ リーグ チャンピオン」の栄誉を懸けて戦います。

名称を「コール オブ デューティ ワールド リーグ(CWL)」から、よりシンプルな「コール オブ デューティ リーグ」に変更。『オーバーウォッチ』の公式リーグである「オーバーウォッチリーグ(OWL)」を参考にした12チーム制でのスタートとなります。なお、OWLでは2シーズン目で12チームから20チームに拡大したのを踏まえると、さらなるチームや地域の拡大も期待できそうです。

再掲: 出場する12チーム

カッコ内は出場権を獲得した企業で、保有するeスポーツチームも並べています。

  • ニューヨーク(Sterling VC)
  • トロント(Overactive Media / Splyce)
  • パリ(c0ntact Gaming)
  • ダラス(Team Envy)
  • アトランタ(Atlanta Esports Ventures)
  • ロサンゼルス(Immortals / OpTic Gaming)
  • ロサンゼルス(Kroenke Sports & Entertainment)
  • フロリダ(Misfits)
  • ミネソタ(WISE Ventures)
  • ロンドン(ReKTGlobal / Rogue)
  • シアトル(Aquilini GroupおよびEnthusiast Gaming / Luminosity)
  • シカゴ(NRG Esports)

公式サイトよりリークしたチーム名とチームカラー

また、公開された公式サイトのコードから各地域のチーム名とチームカラーがリーク。公式に発表がないFazeの名前がアトランタ地区で確認できるのが気になります。

  • New York Subliners
  • Toronto Ultra
  • Paris Legion
  • Dallas Empire
  • Atlanta Faze(FaZe Clanはリーグへの参加を現在発表していません)
  • OpTic Gaming Los Angeles
  • Los Angeles Guerillas
  • Florida Mutineers
  • Minnesota Rokkr
  • London Royal Ravens
  • Seattle Surge
  • Chicago Huntsmen
リークしたチームカラー
リークしたチームカラー。かなり渋いチョイスなので、最終盤ではない可能性も

フランチャイズと都市ベースのリーグ開催により、地域に密着したeスポーツを促進を図る新たな試みとなる本リーグ。日本を含むアジアへの拡大にも期待が集まります。

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: CallofDutyLeague