第三次世界大戦FPS『World War 3』:バグ修正と最適化を行うパッチ「0.7.2」が配信、PTEでの今後の予定やクリップコンテストも

第三次世界大戦FPS『World War 3』:バグ修正と最適化を行うパッチ「0.7.2」が配信、PTEでの今後の予定やクリップコンテストも

The Farm 51は、架空の第三次世界大戦を舞台にしたミリタリーマルチプレイヤーFPS『World War 3(ワールドウォー 3 / WW3)』において、パッチ 0.7.2 を配信。バグ修正とパフォーマンスの最適化がおこなわれています。その他にもPTEでの「ブレイクスルー」の予定、ゲームプレイの最適化などが適用されています。

0.7.2ライブパッチ

PTE 0.8(公開テスト環境のバージョン0.8)で改良されたいくつかの改善をライブパッチ0.7.2にも適用。エンジンの変更と最適化のための変更によって発生したバグの修正をメインとしています。

  • スコアボードで一部のプレイヤーのマーカーが欠落し、スコアボードにプレイヤーが表示されない問題を修正(チームが正しく設定されない問題)
  • 最適化のための変更:
    • プレイヤーのプロフィール、キャラクター、武器、爆撃のロード方法を変更し、ロード時間の短縮とオンザフライのロード時のカクつきを削減
    • 特にスペックの低いPCにて、ゲームプレイがよりスムーズに

まだすべての問題を解決するに至っていないものの、エンジンの変更が完了した後には、最適化によりフォーカスできるようになるとのこと。今後の最適化のための変更は少しずつ行われ、最終的にはバージョン1.0にて大きな改善となるのを目標としているそうです。

次の修正対象はカクつきの主たる原因となっているローディングとされており、様々な面から最適化を行っていくとのこと。

PTE 0.8

公開テスト環境でのテストは順調であり、コミュニティーからも多くの貴重な意見が送られているとのこと。0.8にて公開されたゲームモード「ブレイクスルー」もコミュニティーから好評を得ているようですが、修正が必要な点がいくつか存在しているようです。

「ブレイクスルー」の改善

修正予定は下記のとおり。確認が終わり次第PTEにてテストが可能になるとのこと。

  • 設置と解除の通知をより明確に
  • スポーン位置を変更し、ポイントの場所もシャッフル
  • ゲームモードの質を全体的に向上

その他の改善

その他にも下記などの修正・調査・変更を予定。0.7以降で作業のスピードもアップしているとのことで、今後にも期待が持てそうです。

  • スポーン機能の修正
  • 車両の装甲バグを修正
  • バランスの調査
  • プレイヤーの進行度合いの調査
  • HUDの変更
  • バグの修正

「ブレイクスルー」コミュニティトレイラー開催

モード「ブレイクスルー」におけるゲームクリップコンテストの開催が発表。送られたクリップは「ブレイクスルー」トレイラーに掲載される予定です。

トレイラーに掲載されたプレイヤーには『Word War 3』PC Steamキーを贈呈されます。下記が応募の際の注意になります。

  • 長さ:できるだけ多くのプレイヤーからクリップを集めたいのでなるべく短く。5秒で何が起こったのかがすぐに分かるようなクリップであれば、それがベストです。
  • 画質:画質はインパクトを与えるので、なるべく美しく。もちろんアクションが素晴らしければ掲載される可能性があります。
  • 解像度:最小1080pの解像度が望ましいです。大砲で10キルするようなシーンであれば720pでも送信してください。

クリップはアップロードしてから送信

クリップはホスティングサービスにアップロード。「Breakthrough Community Trailer」とタイトルをつけたメールに動画リンクを記載して送信してください。

コンテストのEメールアドレスは contests@worldwar3.com となっています。クリップは直接Eメールで送信しないようにご注意を。

Source: Steam

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By  

    おなにー?

  2. By 匿名

    なんだかんだ壁紙とか揶揄されてからも精力的に開発を続けてるのは素晴らしいことだとは思うけれども
    もうすっかり月間の平均同時接続プレイヤー数が全世界で100人切るかの状態でゲーム成り立ってるんかいなコレ…

コメントする

*