レインボーシックス シージ: 新テーマパーク攻略「おすすめの守り方・攻め方」 by シージ界のご意見番amenbo氏

レインボーシックス シージ: 新テーマパーク攻略「おすすめの守り方・攻め方」 by シージ界のご意見番amenbo氏

Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の新オペレーション「シフティングタイド」では、リワークされた「テーマパーク」が登場しました。劇的に変化したこのマップでの戦い方がいまだによく分からないという方々のために、EAA!!では元FAV gamingのコーチであり、シージコミュニティの石油王amenbo氏からお話をいただきました。

amenbo氏あいさつ

石油王
amenbo(Twitter: @amenboy_

EAA!!読者の皆さん、私がamenboだ。発売以来『レインボーシックス シージ』の深い戦略性にハマり続け、競技シーン最初期から大会に出場してきた。

JCGの開催する大会での優勝経験や、現FAV Gamingのロースターから成る伝説のチームeiNsの一員として、プロリーグへの出場経験も持っている。日本のシージ界をさらに拡大すべく日々前進している私のスピードに、頭髪の方はすっかり私に追いつけなくなってしまった昨今だが、シージのためならその程度の犠牲は苦にしていない。

あるとき夢の中で油田を掘り当てたことをきっかけにプロチームのコーチ職から退いた私は、有閑階級の長である石油王として、現在は初心者や中級者に向けた個人コーチの仕事を通じてシージのさらなる普及に努めるとともに、コミュニティのご意見番としても活動している。

私が運営するブログ水黽新聞では、競技シーンの貴重な裏話や昔話も掲載している。競技シーンを深く知りたい人には一読の価値はあるはずだ。

新テーマパーク攻略

今回は、「オペレーション シフティングタイド」にてリワークされたテーマパークの攻撃・防衛の各戦略について、私なりに話をさせてもらうことになった。

以前はお化け屋敷などがあり、全体として薄暗く戦略的な選択肢の少ないマップだった。しかしマップ構造が大幅に変化した今回のリワークを通して、競技シーンにも来る可能性のあるマップになったのではないだろうか。

そんなテーマパークを守るなら、どこから防衛を始めるべきか。確実な正解は存在しないが、以下で各拠点の特徴や、メリット、デメリットについてお伝えしよう。

【武器庫・謁見室】 新登場にして最も防衛有利な拠点

武器庫・謁見室 俯瞰図

武器庫・謁見室の防衛

武器庫・謁見室の防衛 略図
広めの拠点だが、攻撃側からすれば意外なほど入りにくい

リワークにより一番マップ構造の変化がもたらされたポイントだ。ポイントの周囲6枚を閉めて、ハッチを1枚(画像※1)閉めれば、基本的には問題ない。そして追加でバレル側を1枚(画像※2)。竜の像を2枚閉める(画像※3)と、ちょうど補強が10枚になる。

この防衛ポイントはなんと言っても、割られさえしなければエントリーする入り口が2つしかないこと。これはサッチャー+割り職などが機能しづらい試合などではとても強い要素の一つになる。BanditやMuteで妨害することはもちろん、インパクトグレネードでの餅つきも可能なため、防衛側は割られないことを一番にポイントをガッチリと守り通そう。

武器庫・謁見室の攻撃

武器庫・謁見室の攻撃 略図
N側のエリア(緑の部分)を確保し、武器庫(黄色の部分)を狙う方針でいこう

武器庫の北側2枚を割るために中央階段・トイレ・ロッカールーム(画像※1)を確保。そしてMuteやBanditを排除するために2Fオフィスを突き下げして、ついでに武器庫の中から追い払う。あとはロックを入れて設置するだけである。

中央階段付近を遊撃されているときつい作戦になる。しかしバレルルームの2枚を割るなどしても、玉座付近の障害物の複雑さから有利な撃ち合いは望めないため、この作戦がベターだと思われる。

武器庫・謁見室の攻撃 突き下げ1
2階の待合室を確保すれば、下のAボムとBボムの間を分断するチャンスが生じる
武器庫・謁見室の攻撃 突き下げ2
1階と2階の地図を比較すると、武器庫の真上を確保すれば、Aボムへのディフューザー設置が容易になることがお分かりいただけるだろうか
amenbo
武器庫・謁見室というポイント名称なのに、ゲーム内では玉座の間という名前になっている。

【研究所・倉庫】 2階の取り合いが勝敗を分ける

研究所・倉庫 俯瞰図

研究所・倉庫の防衛

研究所・倉庫の防衛 略図
廊下がやや動きにくいが、基本的には壁を補強してこもれる

リワークによりハッチが減少し、トイレの構造が簡易化。そして倉庫の窓からは射線が通りにくくなったため、かなり防衛側としては有利になったポイント。リワーク前と同様の8枚を補強すれば、あとの2枚は自由だ。

トイレからの入り(画像※1)は狭く、ロビーからの入り(画像※2)は研究所内の豊富な障害物で対応できる。

問題は周囲の廊下がストレート(画像※3)なことで、遊撃に出たり、帰ってきたりするときにロックされている場合が厳しい。

研究所・倉庫の攻撃

トイレ、研究所、倉庫。それらのほぼ全てが突き下げにより丸裸にできる。場合によってはFuzeなどのオペレーターの採用も見込めるだろう。

多くの遊撃が出ていると直接現地の壁を割るのはつらいが、そこまでたどり着くことができればあとは容易に攻め切れる。

研究所・倉庫攻撃 突き下げ1
研究所の角に隠れた敵を排除できる突き下げポジション
研究所・倉庫攻撃 突き下げ2
トイレと倉庫の突き下げポジション。このように、2階を取れるかどうかが極めて重要になる
amenbo
突き下げをしているところで遊撃との戦いになり、2階でほぼ決着がつくこともしばしば。

【宿舎・デイケア】 防衛はやや弱体化。新部屋と新ハッチの活用が鍵

宿舎・デイケア 俯瞰図

宿舎・デイケアの防衛

宿舎・デイケアの防衛 略図
強ポジは消えてしまったが、1階に移動しやすくなった。積極的に動いて敵を撹乱しよう

リワークによってカフェに新しいルート・射線ができた。またオフィスの2枚(画像※1)もカフェ前廊下に大きな影響を及ぼすようになった。

以前は宿舎とトレインの4枚を割られても強ポジがありなかなか設置はできなかったが、割られやすくなり強ポジも消えてしまったことも影響して、弱くなってしまった部分がある。

S側に新しく窓のある部屋(画像※2)が追加され、ラペリングされていない場合はローテーションのしやすさがあがっていることや、宿舎のハッチ(画像※3)から降りてバレルルームからどちらの階段にもすぐ裏取りに行けることは若干の防衛有利ポイントだ。

宿舎・デイケアの攻撃

宿舎・デイケアの攻撃 略図
E側から進行して、敵の居場所をなくしてしまおう

竜の像階段(画像※1)をロックし、平面でE側から押すのがポピュラーだ。儀式オフィスまで取り、金庫やオフィスの壁(画像※2)を割ることでN階段に圧をかけることができる。そしてカフェテリア側(画像※3)にエントリーをして、ポイントを挟み込むように攻撃するのだ。

依然と比べてはるかにステップが踏みやすくなり、戦略マップの様相を見せるテーマパークの醍醐味かもしれない。

amenbo
正攻法の駆け引きが楽しめるが、シージらしい弱点もたくさんあるのでフルパならかなり有用か。

【儀式の間・オフィス】 恐ろしく弱い。エイムで勝負しよう

儀式の間・オフィス 俯瞰図

儀式の間・オフィスの防衛

儀式の間・オフィスの防衛 略図
確保されると致命的になる場所が、出入り口やハッチから直行できてしまう

リワークにて一番弱体化を受けた。

ポイントの間に大きな廊下(画像※1)が広がり、A-B間の射線は非常に通りにくくなってしまったことや、Eからのエントリー後すぐに待合室(AB間)渡りロックをされてしまうことなどが理由にあげられる。

星2つである一番大きな理由は、管制室ハッチを含めたE側(画像※2)のエントリーのしやすさにある。ここにエントリーされてしまうとポイントまで直接の圧を受けることになり、防衛側は非常に不利にならざるえないのだ。

管制室に対しミラを張ることや、前目の防衛で龍の像の2F部分(画像※3)を死守するなど防衛側には積極的な対応が求められる。

儀式の間・オフィスの攻撃

儀式の間・オフィスの攻撃 略図
油断せず、東西から確実に挟み込んで防衛側を始末しよう

一番簡単なのは儀式に対してWとEから挟み込む方法だ。

宿舎側(W)を割ってしまえば(画像※1)防衛側が居座れる場所はほぼなくなり、儀式の間の祭壇の裏(部屋のS側)で設置してしまえば、突き上げも出来ないし射線も通ることがない。

オフィス側を攻める時も同様でWとEから挟み込むようにすればよいが、金庫やカウンターの形の机などがあり防衛側が若干居座るスペースがあるので要注意となる。

amenbo
AからB、またはBからAに射線が通りにくいポイントは守りにくい。これは『レインボーシックス シージ』の常識である。いざ部屋に入られてしまうと設置を止める術もなく、取り返すにしても通路は狭い。防衛側にとってこれほどつらいことはない。

いかがだっただろうか。新「テーマパーク」は今シーズンのランクマッチにも入っており、ランクを上げていくためにマップ研究は避けて通れない。私の考えを元に、自分たちの戦い方を見直し、また独自の戦略をそれぞれに考えてみてはいかがだろうか。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By bosuko

    テーマパーク変わりすぎてさっぱりだったのでありがたいです
    シリーズ化希望!

  2. By 匿名

    これは良い記事

コメントする

*