eスポーツ国際大会「RAGE ASIA 2020」開催決定、採用タイトルは「Apex Legends」と「荒野行動-Knives Out-」、応援番組のテレビ放送も開始

eスポーツ国際大会「RAGE ASIA 2020」開催決定、採用タイトルは「Apex Legends」と「荒野行動-Knives Out-」、応援番組のテレビ放送も開始

eスポーツイベント「RAGE」を運営する株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日は、2020年8月29日、30日の計2日間にて「RAGE ASIA 2020」を開催することを発表しました。

採用タイトルは、『Apex Legends』『荒野行動-Knives Out-』となっており、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑みて、会場に選手や観客を集めない「完全オンライン形式」で実施されます。

また、6月7日から7月末までの2ヶ月間、応援番組「eスポーツ応援宣言!~RAGE ASIAへの道~」がテレビ朝日より放送されます。

RAGE とは

RAGE(レイジ)とは、次世代スポーツ競技「e スポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、株式会社テレビ朝日、株式会社 CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社の3社で協業し運営する e スポーツイベントおよび、e スポーツリーグの総称です。現在 RAGE では、主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、2つのプロジェクトを実施しています。

「イベント」では、複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、各タイトルの最強王者を決める e スポーツ大会のほか、会場限定の大会や新タイトルの試遊会、アーティストライヴなども実施しています。

賞金制で開催した e スポーツ大会はこれまで、「ウイニングイレブン 2017」 (株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「Shadowverse」(株式会社 Cygames)、「ストリートファイターⅤ」(株式会社カプコン)、「Vainglory」(Super EVill Megacorp 社)計 4 タイトル(並びは五十音順)を採用しています。

また、 非賞金制の大会として「スプラトゥーン2」(任天堂株式会社)や「PUBG MOBILE(PUBG)」(PUBG 株式会社)を採用したイベントも開催しています。

国内のトッププレイヤーたちが参加する e スポーツリーグでは、「RAGE Shadowverse Pro League」と「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM」などのリーグを運営しています。

RAGE史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA 2020」

「RAGE ASIA 2020」は、アジア圏の有名チームやトップ選手をはじめとした、実力のある選手を招待し、“アジア最高峰の戦い”を繰り広げるRAGE史上最大規模の国際大会です。

採用タイトルはグローバルで人気のバトルロイヤルゲーム「Apex Legends」と、爆発的な人気を誇るスマホ向けTPSバトルロイヤルゲーム「荒野行動-Knives Out-」の2タイトルとなっています。

国内外のeスポーツファンが見たくなるような、「RAGE ASIA 2020」でしか見ることができない「真剣勝負」を日本から発信し、世界中のeスポーツファンに自宅から楽しんでいただけるよう、オンライン観戦の環境を充実させていきたいと考えております。

今大会は、会場に選手やお客様を集めて行う形式ではなく、「完全オンライン形式」とし、日本及び海外のチームや選手には自宅などからオンライン上で試合に臨んで頂きます。

視聴者の皆さまには、OPENREC.tvをはじめとする様々な配信プラットフォームから生中継でご観戦いただけます。

また、3月15日(日)にβ版リリースをしました「V-RAGE」のアップデート版が本大会でも体験いただけるようになっており、アバターや服装を選択ができるようになります。

また、「グループビューイング機能」を使用し、専用のグループルームに入室することで、仲間や友人同士でボイスチャットができるなど、バーチャル空間でのeスポーツ観戦が更にお楽しみいただける予定です。

「RAGE ASIA 2020」概要

  • 大会名:「RAGE ASIA 2020」
    • ゲームタイトル:「Apex Legends」(エレクトロニック・アーツ)
    • 「荒野行動-Knives Out-」(NetEase Games)
    • 主催:株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日
    • 日程:8/29(土)、30(日)
    • 開催方式:無観客オンライン形式での開催
    • 配信方法:OPENREC.tv、Youtube

オンライン実施について

RAGE運営事務局では今般の国内における新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑みて、2020年3月20日(金・祝)付で日本政府から発表されました要請、および大会参加者 皆様の健康・安全を最優先に、本大会の開催方法については、「オンラインでの実施」を予定しております。なお、今後の追加情報に関しては、順次RAGE公式Twitterや公式サイトにて発信する予定です。

RAGEA公式Twitter:https://twitter.com/esports_RAGE
RAGEA公式サイト:https://rage-esports.jp/

eスポーツのスター選手誕生に向けて RAGE総合プロデューサー 大友真吾の新たな挑戦への想い

「RAGE ASIA 2020」の開催にあたり、長期間、構想を練ってきました。

RAGEは2015年に産声をあげ、スター選手をつくることをずっと掲げてきましたが、他のスポーツを見渡した時に、スター選手は国際マッチなどの大規模な大会で誕生することが多いと常々感じていました。

eスポーツにおいても、日本人選手が世界の強豪と戦うことで注目度が更に高まり、大きなムーヴメントになると考え、開催に至りました。

本来は、世界中から強豪チームや有名プレイヤーの方々にお集まりいただく大会を予定していましたが、昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑みて、完全オンラインでの開催に舵を切ることにしました。

しかしながら、海外から遠隔かつ多人数での参加や、注目プレイヤーの視点でも試合をご覧いただけるなど、オンラインやバーチャル空間ならではの新たな試みも多数用意しており、ご参加いただく選手の皆さんをはじめ、ご視聴いただくeスポーツファン、初めてeスポーツを見る方々にもお楽しみいただけるよう準備をしています。

グローバルで人気のタイトルかつ、オンライン上で国際マッチを行うことは初めての試みとなりますし、日本とグローバルを繋ぐ通信環境の技術的な検証、競技性の担保など、様々な工夫が必要となりますが、新しいeスポーツのカタチを表現し、今の世界情勢の明るい兆しの一つとなるような大会を目指していきますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

応援番組「eスポーツ応援宣言!~RAGE ASIAへの道~」

ビデオゲームやコンピューターゲームなど、電子機器を用いて行う「エレクトリック・スポーツ=e スポ ーツ」。スポーツ競技として捉えられ、世界各国で多くの選手が出場する大会が開催されるなど、 年々その注目度は上がり、盛り上がりを見せています。これまでテレビ朝日は、日本初となる地上波で の e スポーツニュース情報番組「ReAL eSports News」をはじめ、さまざまなタイトルの世界大会や国 内リーグの放送をしてきましたが、新たに「e スポーツ応援宣言!~RAGE ASIA への道~」を放送す ることが決定! 8 月開催予定の国際大会「RAGE ASIA 2020」に向けて、6月7日(日)から7月末までの約2カ月間、最新・最旬情報を紹介していきます!!

番組詳細

  • 番組名:「eスポーツ応援宣言!~RAGE ASIAへの道~」
  • 放送局:テレビ朝日
  • 放送枠:毎週日曜 16:25~16:30 (※一部地域を除く)
    • (※毎週放送後、テレ朝動画、ABEMA、TVer、GYAO!にて見逃し配信も行います。)

Source: RAGE

購読
通知
guest
8 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
きゅうり
きゅうり
1 月 前

虹6はよ

虫
1 月 前

ここここここうやこうどうw

Anonymous
Anonymous
1 月 前

金のことしか考えてないのがマジで分かるわ。なんで競技性に乏しいバトロワを採用すんのあほなの?

Anonymous
Anonymous
1 月 前

こないだグルーァンジースのオン予選でポカやらかしてたけどこれも大丈夫なんかな……不安

Anonymous
Anonymous
1 月 前

エペはともかく荒野て…CoDMWとかなんかあったろ

Anonymous
Anonymous
1 月 前

荒野行動とapex???
 もっと世界でesportsシーンに認知されているタイトル(dota2、lol、csgoとか)にすればいいのに

Anonymous
Anonymous
1 月 前

荒野行動wwwwwwwwwwww

Anonymous
Anonymous
1 月 前

gm