[噂]『Call of Duty 2020』で「ブラックアウト」が”何らかの形で”復活?

[噂]『Call of Duty 2020』で「ブラックアウト」が”何らかの形で”復活?

2020年に発売予定のCoD最新作とされている『Call of Duty: Black Ops Cold War』は未だに公式発表がなされていませんが、その新作CoDにおいて、かつて『CoD:BO4』で登場したバトロワモード「ブラックアウト」が何らかの形で復活するという噂が浮上しています。

信頼できるソースから

現在の「CoDのバトロワ」と言えば、無料で遊べるバトロワタイトルとして6,000万人以上のプレイヤーを獲得した『ウォーゾーン』ですが、それ以前にも『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』にてバトロワモード「ブラックアウト」が配信されていました。

そのブラックアウトが、CoD最新作にて何らかの形で復活するという情報が入ってきました。

ソースはテクノロジー系サイトVentureBeatの記者ジェフ・グラブ氏。これまでも新作CoDに関する非公式情報を数多く報じてきた同氏によると、「(BF6のニュースに続いて)もう1つショッキングなニュースがある。ブラックアウトは今年のBlack Opsで何らかの形で復活する」とのこと。

ウォーゾーンはどうなった

しかし現在の「CoDのバトロワ」である『ウォーゾーン』は今後数年間、新しいタイトルに切り替わっていくCoD本編とは並行する形でアップデートが継続していくことが、クリエイティブ・ディレクターのアモス・ホッジ氏からも明言されています。

CoD:MW&ウォーゾーン:”ウォーゾーン”のアップデートは数年後も継続予定! PS5とXbox Series Xにも対応、デュオモードが近くバトロワにも登場

バトロワモードを2種類同時に運営するのはやや不可解なので、「何らかの形で」という部分がポイントになると思われます。『ウォーゾーン』よりも小さいマップで、ルールの細部が異なり、またプレイヤー数も20人や50人程度にした短期決戦バージョンなど、名前は「ブラックアウト」ながら別物同然の新モードになる可能性があるでしょう。

6月になっても一向に公式から情報が出てこない『Call of Duty: Black Ops Cold War』ですが、開発自体は水面下で進行中のようで、他のゲーム開発会社にも影響を与えている新型コロナウイルス感染症や、本編『CoD:MW』の新シーズン延期などと連鎖する形で、この新作の発表スケジュールも延期になったなど、さまざまな可能性が考えられます。CoDファンとしては今後の情報を待ちつつ無事にリリースされることを祈るばかりです。

[噂]『Call of Duty 2020』開発者用アルファらしきもの発見、ウォーゾーンにゾンビモード?

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: METRO

購読
通知
guest
15 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
3 月 前

ブラックアウトのマップってストレスでしかない水中と
芋り放題のフサフサの草原にクローゼットにドアだらけで隠れ放題の家屋、
登れそうで登れない崖に視界を遮るための不自然な丘ってイメージしかない