VALORANT(ヴァロラント):パッチノート1.03公開、ガーディアン調整/降参システム変更/スパイクラッシュに新オーブ追加

VALORANT(ヴァロラント):パッチノート1.03公開、ガーディアン調整/降参システム変更/スパイクラッシュに新オーブ追加

ライアットゲームズが手がける超能力×タクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』に、最新パッチ1.03が実装されます。公式ページに公開されたパッチノートによると、今回はセミオートライフル「ガーディアン」へのバランス調整を含む小規模のアップデートになるようです。

パッチノート1.03

「ガーディアン」が調整

『ヴァロラント』に登場する17種類の武器のうち、異質な存在とも言えるセミオートライフルの「ガーディアン」。オートで撃てる「ヴァンダル」や「ファントム」と比べると使い方に工夫を要する武器でしたが、開発意図に合わせる形で調整が入るようです。

ベース画像は1.02時点のもの
  • 購入フェーズでの価格低下: 2700クレジット→2500クレジット
  • 発射速度が低下: 6.5→4.75(1秒あたりの弾数)
  • 貫通力が増加: 中→高
  • 入力キュー(入力後発射までの時間)を変更: 0.083→0.1175(単位は恐らく秒)

セミオートながら、高威力なため一応は近距離でも戦えた「ガーディアン」は、開発によると「長射程の万能武器」にしたい意図があったようです。今回のアップデートで近距離での連射はしづらくなりましたが、壁貫通性能が上がって値引きもされたため、交戦距離を考慮した駆け引きがより面白くなるでしょう。

降参システム変更

前回のパッチで導入された、試合中の「降参システム」。全員同意しなければ降参できなかったものが、「アンレート」では80%で、かつラウンド5から早々に降参できるようになるそうです。

  • アンレートモードで降参成立に必要な賛成投票の割合を100%から80%に変更
    • コンペティティブモードで降参成立に必要な賛成投票の割合は100%のまま
  • ラウンド8ではなく、ラウンド5から降参投票を開始可能
  • ゲーム内メニューに降参投票を開始するボタンを追加

チーム全員の同意を必要とする降参システムについては実装後さまざまな意見がありましたが、ランクに影響を及ぼすコンペティティブでは「今後も降参には全員の賛成が必要となります」とパッチノートに明記されています。

スパイクラッシュに新オーブ

4ポイント先取制のカジュアルルールである「スパイクラッシュ」がさらに面白くなります。

マップ上で獲得できるオーブの種類が増えたことでさらにスピーディかつ大味な展開が期待され、ランクマッチやアンレートとの差異が際立つでしょう。

  • 新オーブ: ツインハンター
    • オーブを取得すると2頭のオオカミが現れて、最も近い2体の敵を追跡する(オーブのある場所から追跡を開始し、出現後はターゲットを変更しない)
    • オオカミは敵を見つけると移動速度が上昇する。敵との距離が近づくとダッシュしてぶつかり、4秒間移動速度低下と視界悪化効果を受ける
    • オオカミのHPは150で、ダメージを与えることが可能
    • 15秒経過するか対象がキルされると消滅

新オーブ「ツインハンター」はなんとフィールドにオオカミNPCを生み出せるという一風変わったものです。パッチノートを見た限りだと、索敵兼デバフ要員として強力な効果を発揮しそうです。

敵にはダメージは与えないようですが、「移動速度低下」と「視界悪化」の程度が気になるところです。効果の強さによっては即座に取りに行くべきオーブになるかもしれません。アップデート後「スパイクラッシュ」に行って試してみましょう。

  • 「スプリット」マップにおけるオーブの位置
    • ディフェンダーの優位を少し減らすため、ディフェンス側ミッドのオーブをミッドの高台の上に移動

マップに関する修正

以下の不具合が修正されます。

  • ヘイヴン
    • スパイクを落とすと回収できなくなっていた場所を削除
  • すべてのマップ
    • プレイヤーがマップの地形を突き抜けていた複数の場所を修正
    • ソーヴァの「リコンボルト」が壁を抜けることができていた場所を追加で削除

その他のアップデート一覧

ユーザー体験に関する変更

  • 「コレクション」画面に全アイテムを表示するか、所有しているものだけを表示するかを切り替えるチェックボックスを追加
    • 今後のパッチでオプションを追加し、コレクションの管理方法を改善していく予定です
  • 移行画面と起動画面が、画面サイズ調整のためレターボックス形式で表示されるように
  • カスタムゲームでチートを有効にすると、チートメニューから次のラウンドで別のエージェントに変更可能に
  • フレンドを削除する際に確認画面が表示されるように
  • チャットボックスで入力中にESCキーを押すと、メッセージを削除できるように
  • 明瞭性を高めるために確認画面のレイアウトに調整を行い、メインのアクションは常に左に大きく表示されるように。
    • また、内容によって色分けし(例:削除などのアクションを赤色に)、確定ボタンとキャンセルボタンの位置を統一
  • 新しいハードウェアで細かい部分のレンダリングを改善
  • パッチノートと支払い画面が4Kモニターでも適切にスケーリングするように
  • 支払い画面のIME入力が正しく機能するように(日本語/中国語)
  • 「コレクション」と「ストア」画面で個々のスキンレベルを表示できるように
  • 明瞭性を高めるために、出血表現をオフにした際の命中時エフェクトを変更
  • 観戦者にエージェントのシルエットが表示されるように
  • シルエットのレンダリングパフォーマンスを改善
  • 観戦者にエージェントのHPメーターが表示されるように
  • 移動しながら購入リクエストに応じた際、移動を妨げないように
  • 起動時にクラッシュが発生した際、クラッシュ時のトラブルシューティングガイドへのリンクを記載したエラーポップアップメッセージを表示されるように

  • カスタムゲームのトーナメントモード
    • カスタムゲームでトーナメントモードを設定可能になりました。他のチートはオフにしたまま、試合に参加する全プレイヤーが「対戦タイマー 一時停止」のチートのみにアクセスできるようになります。
    • また、観戦者をモデレーターに指定できるようになり、モデレーターは追加のチートが利用可能になります。通常の観戦者はチートを利用できなくなります。
    • 今後のパッチでモデレーターが利用可能なチートを増やす予定です。

デザインまわりの細かい部分や戦闘以外の操作性にさまざまな修正が加わっています。個人的には「カスタムゲームでチートを有効にすると、チートメニューから次のラウンドで別のエージェントに変更可能に」と、「観戦者にエージェントのシルエットが表示されるように」いうアップデートが、エージェントや戦い方の検証がしやすくなって嬉しいところです。

またカスタムゲームに追加される「トーナメントモード」という新機能も、仲間内で盛り上がるには最高の新機能でしょう。

不具合修正

  • 「自分または味方がスパイクを設置または解除」のミッションで、味方によるスパイクの設置と解除がカウントされないことがあった不具合を修正
  • 一部の言語において、バトルパスと契約書の画面でテキストが重なって表示されていた不具合を修正
  • Intel GPU使用時の「バインド」における一部の表示アーティファクトを修正
  • サイファーの罠を出入り口の内側などに設置すると、敵が通過しても発動しないことがあった不具合を修正
    • ネットワークが不安定だと、対戦タイマーがカクついていた不具合を修正
  • ジャンプをマウスホイールに割り当てていると、昇降器具(縄ばしごなど)から飛び降りられなかった不具合を修正
  • キルされている間に試合に再接続すると発生していたビジュアルの不具合を修正
  • 通常の試合で観戦者にバリアフェーズの告知が表示されていた不具合を修正
  • 観戦者のスコアボードにおける複数のUI関連の不具合を修正

VALORANT(ヴァロラント):「ファントムとヴァンダルどっちが強いか」論争決着? 2つのライフル徹底比較

無料FPS『VALORANT(ヴァロラント)』の発売日は2020年6月2日で、対象機種はPC(Riot Games)。

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
匿名
匿名
1 月 前

多くのプレイヤーが望むのはオーブとかいう糞ではなく、
ラウンド数が少ないアンレートなのだが……