CoD:MW:1年の総決算「CDL Championship」は8月29日から、賞金総額は約4億5千万円となることが公式リークか

CoD:MW:1年の総決算「CDL Championship」は8月29日から、賞金総額は約4億5千万円となることが公式リークか

公式大会「Call of Duty League(CDL)」のアイテムパックが販売開始された『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』ですが、その「CDL」の総決算となる「Call of Duty League Championship」の開催が現地時間の8月29日と30日に行われ、賞金総額が420万ドル(約4億5千万円)となる可能性があることが公式ストリームから判明しました。

「CDL New York」での問題の映像

現地時間の7月12日に放送された「CDL New York」のストリーム終盤で配信されたのが下記の映像。特にストリーム内での言及もなかったため、配信のミスによって表示された情報と考えられます。

テロップには「8月29日 – 3日、賞金総額420万ドル。Call of Duty League Championshipの勝者は200万ドル(約2億1千万円)を獲得」と記載されています。

Activisionは「Call of Duty League Championship」の開催日時に関して8月に発表を行うことと、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響からオンラインでの開催を行うことを発表しており、今回のテロップに表示された開催日時と賞金総額が真実であるかは定かではありません。

「Call of Duty League Championship」の参加チームは全12チームとなっており、ランキング上位のチームは最初の数ラウンドにおいて不戦勝が与えられるアドバンテージが与えられ、逆にランキング下位のチームは敗者側のブラケットからスタートする方式が採られています。

いずれにしろ、公式が発表に向けて動いていることは確かであり、プレイオフや「Call of Duty League Championship」に関する公式発表は近日中に行われるものと思われます。続報にご注目ください。

CoD:MW:「CDL Champs 2020パック」販売開始、3種の武器設計図と選手のサイン入りステッカー同梱

CoD:MW:世界中で大量の誤った“永久BAN”が発生、説明や解除を求め1.5万人が署名活動

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る