株式会社e,s,KよりEスポーツ業界初の継続型賞金付き大会「和州カップ」の開催発表、第1回大会は『VALORANT』

株式会社e,s,KよりEスポーツ業界初の継続型賞金付き大会「和州カップ」の開催発表、第1回大会は『VALORANT』

本日2020年10月2日、株式会社e,s,K はEスポーツ業界初の継続型賞金付き大会【和州カップ】の開催を発表しました。

第1回大会は『VALORANT』での開催が予定されており、賞金総額は100万円となっています。

第一回~和州カップ~

ゲームタイトル

「VALORANT」(合同会社ライアットゲームズ)

参加費

無料

募集チーム数

256チーム(1チーム5名+リザーブ1名の最大6名でエントリー可能)

賞金総額

100万円
(※第一回大会につきスポンサー様より全額提供)

エントリー期間

2020年11月15日~11月22日

抽選発表

2020年11月29日(月)

大会日程

2020年12月19日~12月20日

参加希望者は、エントリーフォームから応募可能ですので、以下の大会概要等を確認してご応募ください。

大会概要

シングルエリミネーション

予選

5vs5のシングルエリミネーションのBo1
(1ラウンド先取、1試合先取で勝利)

決勝

5vs5のシングルエリミネーションのBo3
(2ラウンド先取、2試合先取で勝利)

大会ルール

大会はカスタムゲームで実施されます。

マップ

運営指定

モード

スタンダード

チート

オフ

アタッカー/ディフェンダー

トーナメント表の順番で決定

選手交代

試合ごとの変更が可能です。
※BO3のラウンド間に変更することはできません。

参加チーム数

256チームの参加者を8トーナメント(1トーナメント32チーム)でオンライン予選大会を実施。オンライン予選の各トーナメント優勝者のみ(8チーム)、Day2への出場権を獲得することができます。

賞金について

  • 賞金総額100万円
    • 優勝:50万円
    • 準優勝:25万円
    • 3位:15万円
    • 4位:5万円
    • MVP賞:5万円

参加条件概要

  • 17歳以上(2020年12月19日時点で満17歳以上となる方)
    • ※チームの過半数が日本在住の日本国籍であること、20歳未満は同意書必須となります
  • カスタムゲームに参加可能なアカウント
  • 全日程に参加できること等

配信プラットフォーム

以下のプラットフォームで大会を配信

和州カップ開催記念RTキャンペーン

また、上記画像にある通り、商品の売上の5%が大会運営費及び賞金となるシステムとなっており、和州カップトップページから、累計販売数と現在賞金累計を確認することができます。

和州の銘水1ケース(税抜¥2,640)

四季折々の美しい自然を誇る、奈良県に位置する奥大和の大地、月ヶ瀬。その地下200mに広がり、約400万年前から存在していると言われる「古琵琶湖層」。この歴史ある大和の地層が磨き上げた、清らかで高品質な水との出会い。日本の軟水の中では比較的高めの硬度78mgですが口当たりがよく、まろやかで心地の良い独自のおいしさとなっています。このお水を通じて~eスポーツの未来~へと繋がっていけば、という想いがカタチとなり「和州の銘水」が誕生しました。

ELECTRIC E-SPORTS WATER1ケース(税抜¥3,600)

  • 水分回復で、長時間のゲーミングプレイをサポート・気持ちを切り替える
    • リフレッシュ成分
    • 国内初のペットボトルタイプでプレイ中の水分補給に最適
    • 海洋深層水配合でミネラル補給にも
    • 無炭酸ですっきり飲みやすい
    • エナジードリンク味カフェインゼロ
  • 詳細

和州カップの由来

和州カップのロゴマークは、日本の奈良の【鹿】をモチーフに作成しております。eスポーツ業界を守る守護神になってくれると願い奈良の鹿をロゴマークのモチーフとさせて頂きました。

活動コンセプト

昨今、世界的にeスポーツが話題になっており日本でもある程度認知されている状況の中、日本のeスポーツ業界は出遅れてると認識しております。現在、日本の法律はとても難しく、大会を開催する事自体困難なケースがあり、企業様、eスポーツに興味のある方がもっと気軽に携わって頂ける環境作りを考え更に継続的な開催を行う事で認知度は高まり、更なるeスポーツ業界の発展と貢献の架け橋になりたいと思い活動しております。

代表取締役 藤吉将臣から一言

この度、株式会社e,s,K(和州カップ)を設立させて頂きました代表取締役藤吉将臣です。
私は高校生の頃、あるゲームと出会いそれからゲーム漬けの毎日を過ごしていました。
その頃はeスポーツと言う言葉は無く、よく両親から【ゲームばっかりして!】と怒られた記憶があります
私の両親はゲーム=悪いものと言う概念がありました。
ですが、私は全国の人と繋がれる素晴らしい物だと考えていました。
今ではゲームと言うカテゴリーでは世界の国境までもが無く
共通の趣味を世界中の人と共有・切磋琢磨出来るまで成長しております。
そこで私は、ここまで私の事を成長させてもらったゲームで何か貢献できる事は無いかと考え
今私に出来る最大限は継続的な大会の開催だと考えました。
ですが、私1人では継続的な大会を開く事が出来ません。
皆様のお力を借り、成長させて頂ければと思います。

今後とも株式会社e,s,K(和州カップ)の事をどうぞよろしくお願いいたします。

今後の株式会社e,s,K(和州カップ)の動き

第一回大会は世界が大注目中のFPS【VALORANT】を開催させて頂き
今後、様々なゲームタイトルで競技大会を開催できる様に
全力で取り組ませて頂きます。
また、新商品につきましてもこれからお客様からの声を大事に
新たな開発と共に充実した商品をご提供させて頂きます。

Source:PressRelease

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る