レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1後半戦、エヴァ:eとCAGが準々決勝を突破

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1後半戦、エヴァ:eとCAGが準々決勝を突破

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』はeスポーツ競技シーンも大きな盛り上がりを見せていますが、9月末から開催されていた国内最大の大会「JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」も、10月17日よりいよいよクライマックスを迎えます。当サイトEAA!!も現地取材を敢行中。

JAPAN CHAMPIONSHIP 2020とは

JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」(公式サイト)は、日本国内における『レインボーシックス シージ』eスポーツ競技では過去最大規模のトーナメントです。

日本全国から約200チームが参加し、賞金総額は1,500万円。さらに優勝チームには特典として、アジアのベスト12チームが集うリーグ戦「APAC Northディビジョン」(フォーマットはスイス式)への入れ替え戦出場資格が与えられます。

予選は今年の9月末からスタートし、10月4日のDAY4をもって予選日程がすべて終了。ここまで勝ち残った8チームが、10月17日と18日に幕張メッセで開催されるオフライン「FINAL ROUND」に出場しています(場内無観客での開催)。

「RAINBOW SIX JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」大会 トレーラー

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1前半戦 、FAVとGUTSが準々決勝を突破

出場チーム

準々決勝第3試合:ELEMENT.36 vs エヴァ:e

  • 結果:EVA WIN(2-0)
  • マップピック
  • オレゴン(7-2)
  • カフェ(8-6)

ELEMENTは「オレゴン」に自信を見せたが

第1マップの「オレゴン」はデータ上ではEVA側の得意とされたマップですが、これをピックしたのはELEMENT(※配信ではEVAのピックと表示されていましたが、実際には「カフェ」とピックしたマップが逆になっていたそうです)。大舞台でも強気の姿勢で相手に挑みかかります。

しかし試合が始まってみると、思いがけずEVAがラウンドを取り続ける展開となりました。中でもMaavi@Maavi_r6)選手とEkus@99ekus)選手が攻防で暴れまわり、7-2と早々にマップポイントを取得します。

第2マップの「カフェ」は逆にEVA側のピックマップでしたが、ここでELEMENTの方がJager(イエガー)をBANし、不穏な展開を予感させます。防衛から入ったELEMENTはEVAの攻撃をユニークな防衛布陣で受け止め、攻撃に回ってもSkysKyskY@Lolx_CxM)選手やh4su(ハスヤン)(@h4su_GLTR)選手、D-175(イナゴン)(@D175_)選手らが積極的に立ち回り4-2で攻守交代。9ラウンド目はパーフェクトラウンドで勝利するなどして、一気に4-6とマップを取り切れるかと思われました。

しかしEVAも次第にELEMENTの攻撃に対応し始め、試合は6-6のオーバータイムへと突入します。EVAはあと1ポイントと詰められた状態から4連取を果たし、8-6とカフェを制圧。マップポイント2-0でELEMENTに勝利し、明日の準々決勝への進出を決めました。

準々決勝第4試合:CYCLOPS athlete gaming vs Sengoku Gaming

  • 結果:CAG WIN(2-1)
  • マップピック
  • ヴィラ(7-2)
  • カフェ(4-7)
  • クラブハウス(7-5)

3マップ目までもつれる大熱戦に

準々決勝第4試合となったこのマッチアップは、CAGのピックした「ヴィラ」からスタート。SengokuはAsh(アッシュ)をBANしてBlackRay@_BlackRay_)選手をけん制するなどラウンド前から火花を散らします。しかしピックしたマップなだけあって、CAGは持ち前の情報収集力を活かしてスピーディーに進行。論理的に戦力を削り、4-2でリードを得ます。防衛に転じてからもCAGはどこか余裕のある立ち回りを見せ続け、7-2で悠々と第1マップをしめくくりました。

Sengokuのピックした第2マップ「カフェ」では、Sengokuは入念に準備してきたと思しき攻撃モデルを披露し、防衛でも多様な防衛策を駆使してCAGに対応を迫ります。CAGもときにBlitz(ブリッツ)などのピックも見せて揺さぶりをかけようとするもも、ReyCyil@ReyCyil_MASHIMA)選手のEla(エラ)のFO12が要所で打撃を与え、Sengokuが7-4でマップを取得しました。

この日の最終マップとなった「クラブハウス」。ここでもお互いに工夫の見られる攻防展開となりましたが、CAGは的確にファーストキルを取って数的有利をキープし、防衛がやりやすいとされるこのマップを5-1で堅実に折り返します。
7ラウンド目からはSengokuが防衛へとシフト。

最初の地下守りを制し反撃の端緒を切ると、prototype_1z@nyaru1220)選手の活躍もありそのまま3ラウンド連取。5-4としてCAGにタイムアウトを使わせます。

CAGは2週目となったSengokuの地下守りをgatorada@gatorada9731)選手が紙一重で制すると、最後も自力を発揮して7-5で勝利。非常に複雑な試合展開となったこの日最後の試合を制し、明日の準決勝への進出を決めました。

準決勝第2試合はエヴァ:e vs CYCLOPS athlete gamingで18日正午スタート。ツイッターで応援する際は、公式ハッシュタグ#R6JC2020をお忘れなく。

DAY1前半戦およびDAY2の模様

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1前半戦 、FAVとGUTSが準々決勝を突破

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 、3位はGUTSでFAVとCAGがグランドファイナルへ

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 完結、優勝はCYCLOPS athlete gaming!

18日はLiSAによる大会公式ソングパフォーマンスや豪華ゲストイベントも

10月18日には、アーティストLiSA@LiSA_OLiVE)の大会公式ソング「play the world! feat.PABLO」のパフォーマンスイベントも行われます。

ほかにも、人気シージストリーマーや人気芸人といった豪華ゲストによるスペシャル動画コンテンツも配信されます。

  • パーソナリティ
    • 岡副麻希(フリーアナウンサー)
  • 解説
    • けんき(父ノ背中)
    • メルトン(SIRIUS GAMING)
    • 017_Reina(令和ゲーミング)
  • 10月18日のゲスト
    • 9:00~14:00 :コロコロチキチキペッパーズ
    • 14:00~18:30 :FUJIWARALiSA
    • 18:30~23:30 :ヒデ(ペナルティ)、河本準一(次長課長)

配信サイト

「JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND」は以下のサイトで生中継・アーカイブ配信され、競技シーンではおなじみのキャスター陣である、ふり~ださん、ともぞうさん、Okayamaさんが白熱のキャスティングをお届けします。

日程

公式サイトより、「FINAL ROUND」のタイムテーブル
  • 10月18日
    • 9:00:準決勝第1試合:FAV gaming vs GUTS Gaming
    • 12:00:準決勝第2試合:エヴァ:e vs CYCLOPS athlete gaming
    • 14:30:LiSAライブパフォーマンス
    • 15:30:3位決定戦
    • 18:30:決勝戦
    • 23:30:優勝セレモニー
    • (24:00終了予定)
「FINAL ROUND」のトーナメント表
購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る