レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 、3位はGUTSでFAVとCAGがグランドファイナルへ

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 、3位はGUTSでFAVとCAGがグランドファイナルへ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』はeスポーツ競技シーンも大きな盛り上がりを見せていますが、9月末から開催されていた国内最大の大会「JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」も、10月18日にクライマックスを迎えます。当サイトEAA!!も現地取材を敢行中。

JAPAN CHAMPIONSHIP 2020とは

JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」(公式サイト)は、日本国内における『レインボーシックス シージ』eスポーツ競技では過去最大規模のトーナメントです。

日本全国から約200チームが参加し、賞金総額は1,500万円。さらに優勝チームには特典として、アジアのベスト12チームが集うリーグ戦「APAC Northディビジョン」(フォーマットはスイス式)への入れ替え戦出場資格が与えられます。

なお17日にベスト4が決定した時点で3チームがAPAC North参加チームであったため、この入れ替え戦出場権はエヴァ:eが獲得しています。

予選は今年の9月末からスタートし、10月4日のDAY4をもって予選日程がすべて終了しています。ここまで勝ち残った8チームが、10月17日と18日に幕張メッセで開催されるオフライン「FINAL ROUND」に出場します(場内無観客での開催)。

「RAINBOW SIX JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」大会 トレーラー

出場チーム

準決勝第1試合:FAV gaming vs GUTS Gaming

  • 結果:FAV WIN(2-0)
  • マップ
    • ヴィラ(7-3)
    • 海岸線(7-3)

FAVが万全の準備でGUTSを叩く

第1マップはGUTSのピックした「ヴィラ」。攻撃から入ったFAVはThatcher(サッチャー)がBANされた中、Taipon@lily___K_)選手やShiN@shinreins09)選手がKali(カーリー)を使って着実にハードブリーチングを遂行しながら3-3へ。攻防が交代してからはFAVがさらにラウンドを重ね、連続で防衛を獲得して7-3でマップポイントを獲得しました。GUTSは要所で耐え切れない・攻め切れない場面が続き、不安な第1マップとなってしまいました。

第2マップの「海岸線」ではFAVが防衛から入り、Taipon選手やAfro@I_Love_Afro)選手をはじめ、全体的に建物のエントリーや前目のピークで勝負をしかけ続けました。GUTSは辛うじて対抗できた局面もあったものの、詰めの段階でもFAVがしのぎ続け、FAVが5-1と大きくリードして攻防を入れ替えました。

GUTSは防衛から巻き返しを図りましたが、緩急の効いたFAVの攻めに少しづつ戦力を削られ続け、最終的に7-2と思いがけない一方的な結果となりました。

勝利したFAVはグランドファイナルへ一足先に進出。一方敗れたGUTSは3位決定戦に臨みます。

準決勝第2試合:エヴァ:e vs CYCLOPS athlete gaming

  • 結果:CAG WIN(2-1)
  • マップ
    • ヴィラ(2-7)
    • 領事館(7-3)
    • カフェ(7-2)

第1マップの「ヴィラ」はCAGの強さに定評のあるマップの一つで、ここでEVAがどう戦うかに注目が集まりました。しかし始まってみるとEVAはMaavi@Maavi_r6)選手が抜群の撃ち合いの強さでCAGをはじき返し、防衛を4-2でリードする展開となりました。

攻撃に転じてからもEVAの勢いは止まらず、全員でテラスからのラッシュに成功するなど試合全体のペースを完全につかみ切り、誰も予想していなかったであろう7-2というスコアでCAGのヴィラを制圧しました。

第2マップの「領事館」はEVAがピック。ですが攻撃から入ったCAGは、ヴィラの仕返しとばかりに1ラウンド目から2階へラッシュをかけるなど積極的な姿勢を見せ続けました。アジアでも髄一のスピーディな火力を誇るCAGは新星チームEVAに対し、防衛に転じてからはほとんど一方的にラウンドを取り続け、7-3で領事館での戦いをしめくくりました。

ディサイダーとなった「カフェ」では、防衛から入ったCAGに対し、EVAはMorun@morun_ufo)選手の活躍もあり食いついていく序盤戦となりましたが、6ラウンド目序盤にAnitun@Anitube_)選手がMaavi選手を止めたことをきっかけに1点づつ取り合う展開もついに終わり4-2でCAGがリード。そのまま反撃を許さず、7-2と一気にマップを取得したCAGが2-1で試合全体を制しました。

CAGは今夜、FAVとのグランドファイナルが決定しました。

3位決定戦:GUTS Gaming vs エヴァ:e

  • 結果:GUTS WIN(2-0)
  • マップ
    • 海岸線(7-2)
    • クラブハウス(7-4)

第1マップの「海岸線」はEVAのピックでしたが、攻撃スタートしたGUTSは持ち前の連携力と昨今強化した素早い押し込みなど、自分たちの強みを再確認するような戦い方で、チャレンジャーEVAに5-1と大きくリードし攻守交代します。

マップ後半からはわずかに反撃の機運を見出したかに思えたEVAでしたが、防衛に回ったGUTSはやはりそれを許さず、7-2と危なげなく勝利をおさめました。

第2マップの「クラブハウス」では、Thatcher(サッチャー)やMaveric(マーベリック)がBANされず攻撃側のやりやすい展開が予想されました。GUTSはハードブリーチャーを複数投入して確実に要所の補強を破戒し、序盤こそ3-0とリードしましたが、EVAも次第に対応し始め、攻防が切り替わった7ラウンド目で3-4と逆転に成功。しかしGUTSはつけ入る隙を与えず、そこから防衛を通し続けて7-4。全体スコア2-0で3位決定戦を制しました。

試合後インタビュー動画

レインボーシックス シージ Japan Championship 2020 DAY1・2 | GUTS Gaming 試合後ショートインタビュー映像 – EAA

レインボーシックス シージ Japan Championship 2020 DAY2 | エヴァ:e 試合後ショートインタビュー映像 – EAA

DAY1およびグランドファイナルの模様

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1前半戦 、FAVとGUTSが準々決勝を突破

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 、3位はGUTSでFAVとCAGがグランドファイナルへ

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 完結、優勝はCYCLOPS athlete gaming!

LiSAによる大会公式ソングパフォーマンスや豪華ゲストイベントも

10月18日には、アーティストLiSA@LiSA_OLiVE)の大会公式ソング「play the world! feat.PABLO」のパフォーマンスイベントも行われました。

「FINAL ROUND」のトーナメント表
購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る