レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 完結、優勝はCYCLOPS athlete gaming!

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 完結、優勝はCYCLOPS athlete gaming!

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』はeスポーツ競技シーンも大きな盛り上がりを見せていますが、9月末から開催されていた国内最大の大会「JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」も、10月18日にグランドファイナルを迎えました。当サイトEAA!!も現地取材を敢行中。

優勝はCYCLOPS athlete gaming

10月17日と18日にかけて開催された「JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」。グランドファイナルの結果、CYCLOPS athlete gamingFAV gamingとのBo5を制して優勝。全国190チームの頂点に立ちました。

また全体4位となったエヴァ:e@eva_e_official)は、2021年APAC Northディビジョン入れ替え戦への出場権を獲得しました。

グランドファイナル

  • 結果:CAG WIN(3-0)
  • マップピック
    • 海岸線(8-6)
    • クラブハウス(8-7)
    • 領事館(7-2)

日本全国から集った190チームの頂点を決める最大の戦いの舞台に立ったのは、FAV gaming@fav_gaming)とCYCLOPS athlete gaming@CYCLOPS_OSAKA)。いずれも強豪チームを倒し続けての対面となりました。

FAVのOdeNMisoコーチ(左)とTaipon選手(右)

Bo5で競われたこの試合の第1マップは「海岸線」。CAGがLion(ライオン)を、FAVがValkyrie(ヴァルキリー)をBANして互いの手の内をけん制しつつのスタートとなりました。

序盤は0-2と劣勢の出だしとなったFAVは、No2@No2_NEET)選手とShiN@shinreins09)選手が2v5から逆転勝利を決めてきっかけをつかむと、3-3でまずまずの折り返し。攻撃に転じてからは、今度はCAGのgatorada@gatorada9731)選手がYing(イン)を活かして巧みに現地を制圧していくます。

しかしShin選手が即座にWarden(ウォーデン)を見せたことで、双方の読み合いは一層複雑に。3-6とマッチポイントを先に取ったCAGでしたが、FAVは粘りを見せたことで1マップ目から6-6とオーバータイムに突入します。

オーバータイムでは互いにYingを持ち込みいち早く勝利を引き寄せようとしますが、最後はBlackRay@_BlackRay_)選手が冷静に対処し、8-6でCAGが第1マップを獲得しました。

CAGのgatorada選手(左)とXQQコーチ(右)

第2マップは「クラブハウス」。防衛はCAGでスタートし、序盤は3-1とCAGが流れを作ります。FAVはAfro@I_Love_Afro)選手がディフューザー設置後の1v1を制したところから切り返しを図りますが、CAGは譲らず2-4で次はFAVが防衛に回ります。

FAVのShin選手

クラブハウスの後半。FAVの防衛ではShin選手が積極的に前に出る動きをし、同時にChloroForM@ChloroForM_966)やAfro選手が手堅いサポートを見せ先に6-5とマッチポイントを取りますが、CAGはSuzuCXXL@SuzuC00L)選手とgatorada選手のコンビプレーで6-6へ。2マップ連続でオーバータイムにもつれこみます。

防衛から延長に入ったFAVですが、CAGは相手の金庫・監視室の逆方向からの攻めが奏功し、8-6でクラブハウスのマップポイントを獲得。2-0と連取して優勝へ王手をかけました。

第3マップはCAGがピックした「領事館」。現状攻撃有利とされているFAVはTaipon@lily___K_)選手が連続してディフューザー設置までこぎつけるも、Anitun選手のWamai(ワマイ)やBlackRayのPulse(パルス)がそれぞれ好プレーを見せて解除成功。すぐさまタイムアウトを取ったFAVはShin選手が第4、第5ラウンドで続けて難しい立ち回りを制して勢いに乗ろうとするも、CAGはそれを許さず次の第6ラウンドで一斉に飛び出しをしかけFAVへの揺さぶりに成功します。

CAGのAyagator選手

その後のラウンドでもAyagator@sss27iq)選手やAnitun@Anitube_)選手が細かな立ち回りでFAVにやりたいことを完遂させず、相手にチャンスを与えないまま7-2でCAGがマップを取得。

CAGはこの時点で3-0となり、Bo5の試合を圧倒的なストレートで優勝。3月に開催されたオフライン戦「R6祭」での優勝も合わせ、今年の国内シージ界の完全制覇を果たしました。

試合後インタビュー

レインボーシックス シージ Japan Championship 2020 DAY2 | FAV Gaming 試合後ショートインタビュー映像 – EAA

(CAGのインタビューも掲載予定)

DAY1およびDAY2の各試合の模様

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1前半戦 、FAVとGUTSが準々決勝を突破

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” DAY1後半戦、エヴァ:eとCAGが準々決勝を突破

レインボーシックス シージ:”JAPAN CHAMPIONSHIP 2020 FINAL ROUND” 、3位はGUTSでFAVとCAGがグランドファイナルへ

JAPAN CHAMPIONSHIP 2020とは

JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」(公式サイト)は、日本国内における『レインボーシックス シージ』eスポーツ競技では過去最大規模のトーナメントです。

日本全国から約200チームが参加し、賞金総額は1,500万円。さらに優勝チームには特典として、アジアのベスト12チームが集うリーグ戦「APAC Northディビジョン」(フォーマットはスイス式)への入れ替え戦出場資格が与えられます。

なおこの出場権は全体成績4位となったエヴァ:eが獲得しています。

予選は今年の9月末からスタートし、10月4日のDAY4をもって予選日程がすべて終了しています。ここまで勝ち残った8チームが、10月17日と18日に幕張メッセで開催されるオフライン「FINAL ROUND」へと出場しました(場内無観客での開催)。

「RAINBOW SIX JAPAN CHAMPIONSHIP 2020」大会 トレーラー

出場チーム

LiSAによる大会公式ソングパフォーマンスや豪華ゲストイベントも

10月18日には、アーティストLiSA@LiSA_OLiVE)の大会公式ソング「play the world! feat.PABLO」のパフォーマンスイベントも行われました。

「FINAL ROUND」のトーナメント表
購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る