レインボーシックス シージ:次世代コンソール版が12月1日より無料アップグレード開始、ダイナミック4Kと120FPSを実現

レインボーシックス シージ:次世代コンソール版が12月1日より無料アップグレード開始、ダイナミック4Kと120FPSを実現

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では間もなく新シーズン「オペレーション・ネオンドーン」がスタートします。

これと並行して、PlayStation 5およびXbox Series X / S対応版も12月1日よりアップグレードが可能になります。次世代コンコール機をお持ちの方は、より高パフォーマンスになったシージを楽しみましょう。

PS4版とXbox版のプレイヤーは無料アップグレード

現地時間12月1日より、『レインボーシックス シージ』が次世代コンソール機であるPlayStation 5およびXbox Series X / Sに対応します。

既に次世代コンソール機を持っている方は、PS4からPS5、Xbox OneからXbox Series X / Sへの移行に際してはシージを無料でアップグレード可能。アイテムや進行度もそのまま引き継いでプレイできます。

ただし公式サイトによると「ディスク版のゲームをお持ちの場合は、デジタル版の次世代機(ディスクドライブがないPS5デジタル版とXbox Series Sを指す)ではアップグレードをご利用いただけません」とあるので、この点にのみ注意が必要です。

一部クロスプレイとクロスセーブを実現

一緒にシージをやっているフレンドがまだ次世代機を持っていなくても問題ありません。この次世代コンソール版シージは部分的なクロスプレイを実現しており、PS4版とPS5版、Xbox One版とXbox Series X / S版のフレンド間とは引き続きプレイすることができます。

なおPC、PlayStation、Xboxすべてのシージプレイヤーによるクロスプレイについては、「次世代機版のローンチ段階での実装はありませんが、可能性は模索中です」と短く記載されているのみで、すぐには実現しないことがうかがえます。

ダイナミック4Kと120FPSを実現

次世代コンソール版シージでは、ゲーム内容こそもちろん変わりませんが、トレーラー映像でも表現されているような次世代グラフィックとパフォーマンスでシージを楽しむことができます。

  • パフォーマンスモード:4Kダイナミック解像度スケーリング・ターゲット120 fps (PS5, Xbox Series X) / 1080p・ターゲット120 fps (Xbox Series S)
  • 解像度モード:4K解像度・ターゲット60 fps (PS5, Xbox Series X) / 1728p・ターゲット60 fps (Xbox Series S)
  • PS5版オプション
    • DualSense(デュアルセンス)コントローラー対応により、さらに溢れる臨場感: ハプティックフィードバック、アダプティブトリガー、内蔵モノラルスピーカー
    • ランクマッチ、アンランクマッチ、ニューカマー、クイックマッチ、その他イベントへのアクティビティサポート。プレイヤーはより速やかにゲームを開始することができます
  • Xbox Series X / S版オプション
    • クイックレジューム機能により、複数タイトルを起動した状態でもゲームを中断したところから切り替えることができます

次世代機は現在PS5、Xbox Series X / Sともに品薄状態が続いており、12月1日からすぐには移行できないプレイヤーが大半かと思われますが、いずれ次世代機を購入する予定がある方は、シージが無料でアップグレードできる点を覚えておきましょう!

Source: Rainbow Six Siege Official

購読
通知
guest
5 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る