フォートナイト:PS5/Xbox Series X|S版が120fpsに対応、PC版へは負荷を軽減する「パフォーマンスモード」追加

フォートナイト:PS5/Xbox Series X|S版が120fpsに対応、PC版へは負荷を軽減する「パフォーマンスモード」追加

Epic Gamesは、『Fortnite(フォートナイト)』へ15.10アップデートを配信。このアップデートによりPlayStation 5、Xbox Series X|S版ではバトルロイヤルモードとクリエイティブモードが120fpsに対応しました。またPC版にはパフォーマンスモードが追加され、fpsを向上させることができます。

120 FPSサポート(PS5、XboxシリーズX | S)

15.10のアップデートに伴い、バトルロイヤルとクリエイティブモードではPlayStation 5、Xbox Series X|Sが120FPSへのサポートが追加されました。120FPSでプレイするにはフォートナイトゲーム内の設定メニューに移動し、「120FPSモード」をオンに切り替えます。更に、60FPSでのXbox Series Sの最大解像度は、各ゲームモードで1080pから1200pに引き上げられました。

2021年の半ばにはUnreal Engine 5へ移行する予定です。詳細はこちらのブログページをご確認ください。

PCパフォーマンスモード

パフォーマンスモード有効時の例(解像度720p、高解像度テクスチャ無効)

ダウンロード容量減少。パフォーマンスの改善。スペックの低いPCでフォートナイトをプレイするプレイヤーに、新たなオプションが登場。

利用可能となるパフォーマンスモードのアルファ版は、ゲーム内の設定メニューで選択することができます。このモードでは、ビジュアル品質と引き換えにメモリ使用量を下げてCPUとGPUの負荷を軽減することにより、大幅なパフォーマンスの向上が実現できます。 すでに設定レベルを下げている、またはスペックの低いハードウェアでプレイしているプレイヤーは、このモードによりかつてないほど快適にゲームを動作させ、よりスムーズなフレームレートを維持することが可能となります。

パフォーマンスモードはほぼ全てのプレイヤーが任意で選択可能となります。また、実装時はバトルロイヤルとクリエイティブのみでのサポートとなります。

パフォーマンスモードの実装と共に、プレイヤーはEpic Gamesランチャーのインストールオプションページより、高解像度テクスチャを無効にすることが可能となります。これにより約14GBの高解像度コンテンツが削除され、全てのオプションを無効にした際には最終的なゲームサイズは17GB程度になります。

ブログページではノートPCでの一般的なfps値が紹介されています。どちらも解像度720pですが、内蔵GPUでも『フォートナイト』がプレイできます。

ハードウェア 例1ハードウェア 例2
CPUIntel i5-8265U
クロック数1.60GHz
AMD A10-5745M APU
クロック数2.1GHz
メモリ8GB RAM6GB RAM
GPUIntel UHD Graphics 620AMD Radeon(TM) HD 8610G
適用前のfps24fps18fps
適用後のfps61fps45fps

『フォートナイト』は絶賛配信中で、対象機種はPS4 / PS5 / Xbox One / Xbox Series X|S / Nintendo Switch / PC / Android。

Source: PressRelease

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る