CoDウォーゾーン:最新アップデートでDMR 14がさらに弱体化、無限スティムバグやMac-10武器設計図バグ修正など

CoDウォーゾーン:最新アップデートでDMR 14がさらに弱体化、無限スティムバグやMac-10武器設計図バグ修正など

アクティビジョンおよびRaven Softwareは、『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』へ最新アップデートを配信。前回弱体化されたDMR 14がさらに弱体化しました。

そのほか無限にスティムを生成できたバグや、Mac-10の武器設計図に前回のアップデートが適用されていないバグが修正されました。

『CoDウォーゾーン』武器アップデート

アップデートの内容は以下の通りで、これらの変更は『CoDウォーゾーン』のみに適用されます。

武器設計図

  • Gallantry (Mac-10)
    • すべての性能がベースMac-10と一致するように調整

武器

DMR 14

  • 弾丸の貫通性能をスナイパーライフルと同等からアサルトライフルと同等までに減少
  • ダメージ減衰距離を減少
    • 減衰前55ダメージ / 750ユニット到達後は48ダメージに減衰(2,500ユニットから70%減少)
  • リコイルを増加
    • 2番目と3番目の弾丸で適度に増加
    • それ以降の弾丸でわずかに増加
  • 部位ごとのダメージ乗数を調整
    • 750ユニット到達後はヘッドショットが100ダメージ未満に
    • 下部胴体は1.1から1.01に減少(~8%)

Type 63

  • 弾丸の貫通性能をスナイパーライフルと同等からアサルトライフルと同等までに減少
  • ダメージ減衰距離を減少
    • 減衰前60ダメージ / 900ユニット到達後は45ダメージに減衰(2,000ユニットから55%減少)

バーストピストル(Diamatti)

  • 最大ダメージを45から40に減少(〜11%)

アタッチメント

DMR 14

  • フロントグリップ
    • 垂直方向のリコイル削減効果を削除
    • 水平方向のリコイル削減効果を20%から30%に増加
  • フィールドエージェントフォアグリップ
    • 垂直方向のリコイル削減効果を35%から25%に減少
    • 水平方向のリコイル削減効果を35%から30%に増加(減少?)

Type 63

  • フロントグリップ
    • 垂直方向のリコイル削減効果を削除
    • 水平方向のリコイル削減効果を20%から30%に増加
  • スペツナズエルゴノミックグリップ
    • 垂直方向のリコイル削減効果を45%から30%に減少
    • 水平方向のリコイル削減効果を45%から40%に増加

バーストピストル(Diamatti)

  • アキンボ
    • 全部位のダメージ乗数を1に設定

タクティカル装備

  • 手榴弾をコッキング中に武器を落としても、無限のタクティカル装備(Stim)を取得しないように

チャレンジ

  • シーズンチャレンジが意図した通りに表示/追跡されるように修正

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    >過疎化

    世界的に見たら勝てる他のバトロワがFortniteぐらいなんだよなあ

  2. By サラ

    ありがとうIW、無能なTAの代わりに調整まで請け負ってくれて。

  3. By ちんかす

    なお過疎化は抑えられない模様

  4. By ななし

    むしろこの機会にEBRを強化していいんじゃないの
    反動少し減少させるか威力あげるかのどっちかすればだいぶ選択肢に入る強さになると思う

  5. By No Name

    DMRの威力減衰距離750ユニットは19.05mから、type63の第一減衰距離900ユニットは22.86m、第二減衰距離2000ユニットは50.8mです、(公式Twitterより1ユニット=1インチ。次回からメートル表記になるそうです)

  6. By 1528人目のCOD民

    DMR14とデュアルDiamatti,バグMAC10,無限スティムのせいでクソゲー通り越してプレイ不可能だったからこの調整は助かる。

コメントする