Gamestopの株価が乱高下:アマチュア投資家勢により一時最高値159ドルへ、「まるでゲーム感覚」とプロ呆れるもReddit民完全勝利

Gamestopの株価が乱高下:アマチュア投資家勢により一時最高値159ドルへ、「まるでゲーム感覚」とプロ呆れるもReddit民完全勝利

米国では昨今、投資アプリ「ロビンフッド」を使って証券取引をするアマチュア個人投資家たちの影響が指摘されており、先週から月曜にかけては、ビデオゲーム販売会社Gamestopの株価がRedditユーザーにより乱高下するという珍事が起きています。

影響力を増す個人投資家

米国では取引手数料無料の投資アプリ「ロビンフッド」が人気を博しており、昨年3月のいわゆるコロナショックの急落後、新たに市場に参加し始めた個人投資家は2倍以上に増えていると言われています。

新参の個人投資家によりGamestop株乱高下、「まるでゲーム」とベテラン勢呆れ
手数料無料が魅力の投資アプリ「ロビンフッド」

この背景には、新型コロナウイルス感染症の影響による自宅待機・在宅ワークの広がりによって、家で証券取引をしようという機運が高まっている点、また米国全市民に配られた一律の給付金によって家計のキャッシュが余っている点が指摘されています。

本来なら、個人投資家の売買がマーケットに与える影響は、銀行など機関投資家に比べれば微々たるものとされていますが、「ロビンフッド」を通じて投資(または投機)を始めたいわゆる「ロビンフッダー」たちが、Redditなどのコミュニティで団結し、一部銘柄が仕手株と化す現象が起きています。

プロの空売り勢 vs Reddit民による仁義なき戦い

実店舗販売を中心とする世界最大のビデオゲーム販売会社Gamestop(GME)は、コロナウイルスの感染拡大以前から、オンラインでのゲーム購入が普及したことで業績が低迷しており、2018年と2019年はともに純利益がマイナスになるなど危険信号が出ている企業の一つです。

同社の株価も2013年3月に高値をつけたのを最後に明確な長期下降トレンドを形成しており、52週最安値は2.57ドルと、物色の対象にはしづらい銘柄の一つでした。

GME月足チャート。(右端部分を隠せば)一見あまり触れたくない銘柄だ

きっかけは現地時間1月13日。この日はGamestop新取締役の就任もあってか同社の株価は一時94%高と急伸していました。復活を期待させる力強い出来高も伴っていましたが、同時に空売り勢(銘柄を「売り」で注文し、値下げ幅によって利益を得るトレーダー)にとっては、この極端な上がりは売りを仕掛けるのに絶好のチャンスと見なされていました。

米国市場における各銘柄の分析・コメント記事を掲載しているサイトCitron Researchもその一つで、急伸後からGMEの空売りを推奨していました。

実際のところGamestopの社外発行株式数は約6,970万株なのに対し、空売りに出されていたのは7,120万株だったとのことで、この銘柄の値下がりに大きな期待が集まっていたことが分かります。

FintelよりGMEの空売り比率の推移。全体では35%未満だが、13日から空売りの取引量(Short Volume)が激増していたことが分かる

これを見た米国RedditのWallStreetBetsサブレのユーザーたちは、Citronへの怒りをこめてGMEを買うよう呼びかけたところ、同投資コミュニティのユーザーたちが一斉に参加し、プロの空売り勢とReddit民によるトレーディングバトルが始まってしまいました。

その結果、現地時間1月22日にはGME株は前日比51%高の65.01ドル、2021年の取引が始まってから実に245%上昇という信じがたい上がりを見せて取引を終えました。もし年末に13ドル付近で買っていれば、約1ヶ月で5倍、手数料と税率を加味しても1株あたり45~50ドルほどの利益になっていたでしょう。

引け後の大陽線を見れば、(空売り勢が買い戻し決済を行えば株価のさらなる上昇要因にもなることもあり)金曜日のマーケットはReddit民の完全勝利に終わった言えるでしょう。

月曜日にはさらに深刻化

GME日足チャート(25日終値まで)。すごいことになっている

この時点ですでに週末の経済・マーケットニュース各紙面で話題となっていたGMEの騒動ですが、週が明けての現地時間1月25日には、この戦いがさらに深刻化してしまいます。寄り付き後の1時間で159.18ドルの高値をつけ、その後は利益確定の売りが捗ったのか61.13ドルまで急落、その後はやや持ち合って終値は76.79ドルという極端な一日でした。

ちなみにReddit民は現物を取引していたのではなくコールオプションの買い(一定の権利行使価格で銘柄を決済する権利の購入。コールの買いは将来の値上がりに期待するもので、現物よりもリスクは大きいが、代わりに大きなリターンが期待できる)を行っていたとされ、Gamestopの将来性を支持するために同社の株を購入したというよりは、単純にレバレッジをかけた投機的手法によって、短期で莫大な利益を稼ごうとしていた意図が察せられます。

market CHAMELEONよりGMEのSKEW(プット-コール)

日本市場への影響は?

Redditでは「プロの投資家に勝ったぞ」と喜び合う投資家たちの声が見られる一方で、Bloombergなど報道では、今回のGamestopの騒動はまさに投資活動がゲーム感覚で行われていると呆れるようなコメントをしています。

実際に、昨年3月から続くロビンフッダーの市場参加と彼らの投機的な売買動向が、マーケットの値動きを実体経済から乖離した不自然なものにしている一因と言われており、各社アナリストから懸念が寄せられています。

S&P50020210126
S&P500指数(週足)。「コロナ禍からの回復に期待して買われている」らしいが、果たして…

ロビンフッダーは米国市場に上場している日本企業の株や、EWJなど日本株ETFも盛んに売買しているとされ、影響は日本市場にも及んでいるでしょう。手数料無料アプリを活用する新参の投機勢力が今後どのような影響を持つようになるのか、それともロビンフッドそのものが当局による規制を受けるのかに注目したいところです。

Source: Bloomberg Opinion

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ななし

    確かに機関投資家はその巨大資本をバッグに普段から似たようなことはやってるが
    それでもやっぱり市場操作に変わりないし、なにより結局これ利用して3000万とか儲けたユーザーもいるらしいから
    これがまかり通ると誘導し放題になるべ

  2. By 匿名

    空売りして狼狽させるプロが、自分たちの都合が悪くなると規制だのあきれただの言い出す。
    自分たちもマネーゲームしてるだろw

  3. By ナナシ

    仮想通貨勢「なんやよく見るチャートやな^^」

コメントする

*