オーバーウォッチ:2月15日までPC版が50%オフ/アップデートで新オプションやワークショップに多数の機能追加など(PTR)

オーバーウォッチ:2月15日までPC版が50%オフ/アップデートで新オプションやワークショップに多数の機能追加など(PTR)

本日2021年2月10日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch(オーバーウォッチ)』のPTR(パブリックテストリージョン)サーバーに対しアップデートを実施。主なアップデート内容はカスタムゲーム、ワークショップに関する機能の追加と不具合の修正で、ヒーローのバランス調整は行われていません。

また、現在PC版オーバーウォッチが最大50%OFFのセール価格で販売中です

PC版限定『オーバーウォッチ』セール

2月15日までPC版オーバーウォッチがセール価格で販売されています。限定スキンや限定ゲームモードが登場する旧正月イベント「Year of the OX」が現在開催中なので、この機会に友達を誘ってみてはいかがでしょうか。

  • オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション
    • 4,180円2,090円(50%OFF)
  • オーバーウォッチ スタンダード・エディション
    • 2,200円 → 1,650円(25%OFF)
  • スタンダード・エディションからレジェンダリー・エディションへのアップグレード
    • 1,980円 → 495円(75%OFF)

PTRアップデート

一般的なアップデート(PTR)

  • ゲームプレイおよびリプレイで表示される衝突エフェクトの量を減少させる「ダメージ・エフェクト」オプションを「ビデオ」の詳細設定メニューに追加
「オプション」>「ビデオ」>「グラフィック品質」>「ダメージ・エフェクト」から変更可能。勝ちたいなら下げた方がベター?
  • 観戦者として参加時に、「観戦者オプションメニューを表示」を押すと開く「カスタム観戦者オプション」メニューを追加
観戦者としてゲームに参加すると画面下部にオプションのガイドが出現。
対応するキーを入力するとリプレイ時のようなオプションを利用可能。
  • どのプレイヤーからカスタム・ゲームの招待を受け取るかを変更および保存できる「カスタム・ゲーム招待を許可する相手」および「カスタム・ゲームへの招待リクエストを許可」設定をソーシャルのオプションメニューに追加
「オプション」>「ソーシャル」に該当項目が追加されています。
  • 観戦時およびリプレイ視聴時のカメラのブックマークが、現在の「カメラ視野角」(FOV)を保存するように変更

ワークショップのアップデート(PTR)

  • ワークショップ拡張を追加
  • リスポーン地点が位置ベクトルではなくエンティティの配列を返すように変更
  • エフェクト位置の評価を最適化

不具合の修正(PTR)

  • 特定のアビリティを使用した相手からターゲットを切り替えても、その相手にアビリティが継続して影響する不具合を修正
  • 特定の状況下で、カスタム・ゲームを終了させる「Esc」メニューが使用できない不具合を修正
  • ヒーローが空中で一部の建物にはまり込んでしまう不具合を修正

ワークショップのアップデートと不具合の修正の詳細についてはパッチノートをご覧ください。

関連記事

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション – PS4

8,113円(03/01 17:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source:Overwatch

コメントする

*