Call of Duty League 2021:第2回メジャー大会優勝はトロント・ウルトラ、MVPのBance選手はSnDで10連続キル達成

Call of Duty League 2021:第2回メジャー大会優勝はトロント・ウルトラ、MVPのBance選手はSnDで10連続キル達成

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の公式eスポーツリーグ「Call of Duty League 2021」の、第2回メジャー大会にてトロント・ウルトラが優勝。賞金20万ドルを獲得しました。

トロント・ウルトラ 5-3 アトランタ・フェイズ

  1. ハードポイント(Garrison):198-250
  2. サーチアンドデストロイ(Miami):6-3
  3. コントロール(Checkmate):3-2
  4. ハードポイント(Apocalypse):147-250
  5. サーチアンドデストロイ(Moscow):5-6
  6. コントロール(Raid):3-0
  7. サーチアンドデストロイ(Express):6-0
  8. ハードポイント(Checkmate):250-156

ウルトラはグランドファイナルにてフェイズと対戦。ウィナーズ第2回戦では1-3で敗れていました。第1ゲームのハードポイントは取られますが、続くサーチアンドデストロイではルーキーのInsight選手がトリプルキルを決めます。

コントロールもウルトラが取り逆転しますが、これくらいではびくともしないのが今季のフェイズ。ハードポイントを制すと、サーチアンドデストロイも11ラウンドまでもつれ込み勝利。ウルトラは今大会初めてサーチアンドデストロイを落とします。

しかしここでウルトラが覚醒し、後のコントロールとサーチアンドデストロイを完封で勝利。Bance選手は10連続キルを決め勝負所の1v1も勝ちます。その勢いのまま最後のハードポイントも取り、第1回メジャー王者に黒星をつけました。

Player of the Stage:Bance選手

Player of the StageはBance選手。先述の10連続キルなど、前評判を覆す大活躍を魅せました。

  • 全体: 1.11K/D
  • ハードポイント:1.06K/D
  • サーチアンドデストロイ:1.42K/D
  • コントロール:1.12K/D

順位と賞金

順位と賞金は以下の通り。ロッカーはルーキーStandy選手の活躍もあり、前回9位タイから一気に4位に浮上しました。このほかにも今季は多くのルーキーが活躍しているので、彼らに注目しながら観戦するのもいいかもしれません。

  1. トロント・ウルトラ:20万ドル
  2. アトランタ・フェイズ:12万ドル
  3. ダラス・エンパイア:8万ドル
  4. ミネソタ・ロッカー:4万ドル
  5. ロサンゼルス・シーブス:2万ドル
  6. オプティック・シカゴ:2万ドル
  7. シアトル・サージ:1万ドル
  8. ニューヨーク・サブライナーズ:1万ドル
  9. ロンドン・ロイヤルレイヴンズ
  10. フロリダ・ミューティニアーズ
  11. ロサンゼルス・ゲリラズ
  12. パリ・レギオン
トップルーキーの戦績(第2回メジャー前時点)

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox Series X|S / Xbox Oneで、発売日は2020年11月13日(Xbox Series X版は2020年末)。

コメントする

*