エーペックスレジェンズ:シーズン9「英雄の軌跡」、7人のレジェンド強化・弱体化がテストプレイで判明

エーペックスレジェンズ:シーズン9「英雄の軌跡」、7人のレジェンド強化・弱体化がテストプレイで判明

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではいよいよ現地時間5月4日より新シーズン「英雄の軌跡」がスタートします。新レジェンド・ヴァルキリーや新モード・アリーナといった追加コンテンツの他にも、「英雄の軌跡」では既存のレジェンドにバランス調整が入ります。今回はテストプレイ時点で判明しているレジェンドへの調整内容をまとめていきます。

新シーズンでも多数のレジェンド調整

現地時間5月4日よりスタートする新シーズン「英雄の軌跡」では、新レジェンド・ヴァルキリーや、3v3で行う新しい対戦モード・アリーナといった追加コンテンツが一挙に登場します。これらの詳細については以下の記事をご覧ください。

新シーズン開始時には、既存のレジェンドたちへのバランスアップデートも実施されるのが恒例になっています。公式からのパッチノートはまだ出ていませんが、テストプレイ段階で判明しているレジェンドたちへの調整内容を以下にまとめていきます。

対象の3レジェンド

  • レイス、ライフライン、ワットソンから小柄属性を削除

ライフライン:調整

  • 弱体化:蘇生時のシールドを削除
  • 強化:ドローンによる回復速度が60%上昇
    • アルティメットのクールダウン時間を60秒短縮(5分)
    • アルティメットのケアパッケージからは、所持しているアイテムのレベル上位版が確定で出現

オクタン:調整

  • 弱体化:戦術アビリティ「興奮剤」使用時のダメージが20に増加
  • 強化:「興奮剤」のクールダウン時間が1秒に短縮

ローバ:調整

  • 強化:戦術アビリティ「盗賊の相棒」の不具合を修正
  • 弱体化:アルティメット「ブラックマーケットブティック」のクールダウン時間を30秒増加(2分)

ホライゾン:弱体化

  • 弱体化:戦術アビリティ「グラビティリフト」に入ったときの上昇速度が低下
  • 弱体化:「グラビティリフト」で浮遊中の横移動速度が低下

ヒューズ:強化

  • 強化:戦術アビリティ「ナックルクラスター」を2つまでストックできるようになる
  • 強化:「ナックルクラスター」のクールダウン時間を25秒から18秒に短縮

なおこれらはすべてテストビルドでの独自検証によるものであり、ライブビルドへの実装は保証されていない点にご注意ください。正式な変更点はすべてパッチノートに記載されますので、ノートがリリースされた際はそちらをチェックするのをお忘れなく。なお、Respawnはその他のレジェンドにもいくつかの調整を検討しているとしています。

Via: DEXERTO

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ガスおじにも強化欲しい

  2. By 匿名

    ローバは流石に草

    でもまぁ実際は不具合修正+リング硬直無し、リング投げてても普通のスピードで移動可能とかの強化入ってるよね

  3. By 匿名

    ランパードの強化は…

  4. By 匿名

    ローバどうもブレスレット前後の硬直も消えてるらしいから強化っぽい

  5. By 匿名

    不具合修正と書いて強化と読むのはやめろ
    ローバ実質弱体化しかされてないじゃねえか

  6. By 匿名

    ローバに関しては不具合修正が強化扱いなのは納得できない
    実質ただの弱体化じゃないの?

コメントする

*