レインボーシックス シージ:世界大会”S.I.2021″DAY1結果、サイボーグ軍団Empire全勝復活 / 日本CAGは3敗で窮地

レインボーシックス シージ:世界大会”S.I.2021″DAY1結果、サイボーグ軍団Empire全勝復活 / 日本CAGは3敗で窮地

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では5月11日から23日まで世界大会「シックスインビテーショナル2021(S.I.2021)」が開催中で、現在はグループステージが行われています。今回はDAY1の全試合結果と、注目の一戦についてお届けします。

DAY1の結果

※太字が勝利チーム

  • Team oNe eSports vs Cloud9 (7-4)
  • Team oNe eSports vs G2 Esports (8-6)
  • FURIA Esports vs G2 Esports (8-7)
  • FURIA Esports vs BDS Esport (4-7)
  • Team Empire vs BDS Esport (8-7)
  • Team Empire vs Team oNe eSports (7-4)
  • BDS Esport vs DarkZero Esports (8-7)
Cloud9 vs. CAG __ Six Invitational 2021 グループステージ Day1【レインボーシックス シージ】 38-51 screenshot
S.I.2021出場チームとグループ分け

CAGは3敗でグループ最下位へ

日本チームを代表してこの世界大会に臨むのはCYCLOPS athlete gaming。DAY1では北米のDarkZero(DZ)、韓国のCloud9(C9)、そしてブラジルのFURIAとの3試合が行われました。

日本では最強のガンファイト能力を誇る彼らでしたが、DarkZeroとの「山荘」では折り返しまで3-3と拮抗したものの、その後の防衛が機能せず3-7。第2戦はAPACのライバルチームCloud9との「領事館」での戦いで、こちらもCAGがスタージ1で活躍していたマップなこともあり注目が集まりましたが、接戦の末に5-7と下されてしまいます。

DAY1最後の対戦相手であるFURIAと戦った「クラブハウス」では、CAGはAnitun選手のMontagne(モンターニュ)で押し込むなど彼らの得意な形を作ろうとしましたが、FURIAの鋭い立ち回りに普段の調子が出せず、終わってみればラウンドスコア1-7での敗戦となりました。

CAGのインビテーショナルは3戦3敗と苦しいスタート。次の試合はDAY3、G2 Esportsとの対戦になります。G2もまたDAY1では3連敗であったため、グループステージでの生き残りを賭けた見逃せない一戦となるでしょう。

day1endedsi2021
グループA現在の順位

一方、DAY1で最も注目を集めたのはロシアのTeam Empire。2020年の秋期メジャー大会ではヨーロッパを制したものの、2021年のステージ1では9位と低迷し、デビュー当時から「ロシアのサイボーグ軍団」と呼ばれていた彼らの技量が疑問視されていました。

しかしオフライン環境でのインビテーショナルが始まると、JoyStiCK選手を中心に素晴らしい撃ち合いの強さを見せ、DAY1で唯一の3戦3勝。グループAの単独首位となって大会初日を終えました。

DAY2は日本時間5月12日午後10時30分スタート。グループBの8チームによる各試合が行われます。

配信情報

日本語配信スケジュール
グループステージ日本語実況の配信日程

「S.I.2021」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われています。

Via: Liquipedia

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    empireは一つのことしか出来ないとか揶揄されてた前回と違って戦術の幅が広がりすぎなんだよな
    下手なチームよりよっぽど試合中にコロコロオペが変わってる

  2. By 匿名

    身体のパーツを機械へ置き換えた結果か…

コメントする

*