レインボーシックス シージ:世界大会”S.I.2021″プレイオフDAY4、ブラジルチームがベスト3独占 / 新時代のグランドファイナルへ

レインボーシックス シージ:世界大会”S.I.2021″プレイオフDAY4、ブラジルチームがベスト3独占 / 新時代のグランドファイナルへ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では5月11日から23日まで世界大会「シックスインビテーショナル2021」が開催されており、現在はプレイオフ(決勝トーナメント)が進行中。今回はプレイオフDAY4の全試合結果と、注目の試合についてお届けします。

プレイオフDAY4結果

Playofffinal
プレイオフDAY4結果

※太字が勝利チーム

アッパー決勝はブラジルチーム対決

2020年度のチャンピオンを決める世界大会「シックスインビテーショナル2021(S.I.2021)」も残りあと2日。本日のプレイオフDAY4ではまず、明日のグランドファイナルへと一足先に進むチームを決めるべく、アッパーブラケット決勝戦が行われました。

マッチアップは共にブラジルチームであるMIBRNinjas in Pyjamas(NiP)。DAY3終了時点で、既にブラジルから少なくとも1チームはグランドファイナルに出場できることが確定しましたが、各チームのプライドは別の話です。この試合も視聴者の期待を裏切らず、第3マップまで続く熱戦となりました。

210522@kirill_vision11593
MIBR

第1マップの「領事館」では、戦術面で上回っていたNiPに対して、MIBRが個々のクラッチで解決して7-5で勝利。続く「海岸線」では、戦術とガンファイトともにリードし続けたNiPが7-4で勝利を得ます。

マップスコア1-1で迎えた第3マップ「クラブハウス」では、NiPがすぐさま5-1とリードし試合は早々に決着かと思われましたが、攻防交代してからはMIBRが怒濤の追い上げを見せ、5-5へと追いつくと、そのままお互い1ポイントずつ取り合って6-6、さらに7-7となり、試合はフルラウンドへと突入します。

210522@kirill_vision11767
Ninjas in Pyjamas

最終ラウンドではMIBRのFaallz選手が、この試合中まったく出番のなかったTachanka(タチャンカ)を突然ピックして視聴者を沸かせます。しかし最後はNiPが金庫・監視守りを崩して勝利。2020年度のチャンピオンを決めるグランドファイナルへと歩を進めることに成功しました。

TSM敗退、ブラジルチームがベスト3独占

続いて行われたロアブラケット・ラウンド5は、ブラジルの名門チームLiquidと、ブラジル以外のチームとして唯一生存しているアメリカのTSMによる一戦となりました。

インビテーショナルがブラジル勢に占拠されることを唯一防げるTSMは、まず第1マップの「カフェ」でLiquidを防衛で迎え撃ちます。浮いている敵を着実に崩し、数的優位を保ちながらラウンドを首尾良く取得していくことで、4-2とリードして攻防交代。防衛に回ってからはLiquidも拮抗した守備力を見せましたが、前半のラウンド差が響き、「カフェ」は7-5でTSMが制します。

第2マップの「山荘」ではお互いにリードを許さない展開となり、試合は5-5で膠着。しかしここからはLiquidのNesk選手がエースを決めるなど、Liquid側が個々の力でわずかに差を作ることで局面を打開します。フルラウンドまで続いたこのマップでの戦いは、8-7でLiquidが勝利をおさめました。

210514@kirill_vision0075
Team Liquid

最終マップである「オレゴン」は予想外の立ち上がりとなりました。Ash(アッシュ)をピックしたNesk選手に導かれたLiquidは、攻撃を連続で通して試合を支配。攻防折り返しの地点で5-1というラウンド差を作ってTSMを圧倒します。防衛に回ってからもTSMの反撃をいなし切ることに成功。逆転のチャンスを与えず、7-3でLiquidがロアブラケット決勝戦への進出を決めました。

この試合でMVPとなったNesk選手は、1試合49キルという偉業を達成。これは現在のBo3世界記録タイであり、オフラインおよびインビテーショナルにおける新たな世界最高記録となりました。

S.I.2021はブラジル最強チーム決定戦へ

TSMの敗北により、S.I.2021を最終日まで勝ち残ったベスト3チームすべてがブラジルのチームとなりました。これはインビテーショナルはもちろん、シージのあらゆる世界大会においても前代未聞の出来事であり、この快挙にブラジルのキャスター陣が歓喜する様子も報じられました。

5月23日はいよいよプレイオフDAY5。5月11日に開幕した世界大会「シックスインビテーショナル2021」もいよいよ最終日を迎えます

TSM vs Team Liquid __ SIX INVITATIONAL 2021 – UB Final – Day 4 8-39-44 screenshot
シックスインビテーショナル最終日のスケジュール(右端)

DAY5の第1戦は日本時間5月23日午後8時30分から、ロアブラケット決勝戦MIBR対Liquidが行われます。NiPに敗れたMIBRにとっては敗者復活のチャンスであり、TSMに勝ったLiquidがグランドファイナルを目指す戦いでもあります。

ここで勝利したチームは数時間後、NiPの待つグランドファイナルへと進出します。グランドファイナルはBo5で行われますが、アッパーを勝ち上がってきたNiPには、試合開始時に1マップポイントのアドバンテージが付与されます。またフルラウンドルールがないため、6-6以降は2ポイント分の差がつくまで勝者が決まりません。どちらかが挫けるまで、延々と戦い続けるという展開も有り得ます。

他の地域を一掃して世界最強となったブラジルは、既に優勝ケイバーを母国に持ち帰れることが確約されました。しかし3チームのうち、どこがそれを運ぶのかが問題です。グランドファイナルでは、ブラジルチームによる世界最高のBo5に期待が高まります。

プレイオフでも、大会配信を視聴することで復刻プロリーグアイテムなどが封入されたTwitchドロップが獲得できます。また、日本時間5月23日午後11時30分からはイヤー6シーズン2「オペレーション・ノーススター」の全情報が公開されますので、ゲーム本編の最新情報が気になる方はこちらもお見逃し無く。

配信情報

「S.I.2021」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われています。

Via: Liquipedia

コメントする

*