レインボーシックス シージ:Y6S2.2デザイナーノート公開、Frost弱体化や/Tachankaさらに強化など4人に調整+武器2種調整など

レインボーシックス シージ:Y6S2.2デザイナーノート公開、Frost弱体化や/Tachankaさらに強化など4人に調整+武器2種調整など

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン2「オペレーション・ノーススター」が進行中。日本時間にはY6S2.2デザイナーノートが公開され、4人のオペレーターへの調整が発表されています。

オペレーターへのバランス調整

Alibi

  • ACS12に2倍サイトを追加(1.5倍サイトは削除)
  • MX4 Stormに1.5倍サイトを追加

この変更の対象となる層:カジュアル、ランク上位帯、プロ

信頼できるプライマリウェポンとセカンダリショットガン、展開型シールド、インパクトグレネードといった、信頼できる便利なものを合わせ持っていながらも、バランスマトリックスにおけるAlibi(アリバイ)の存在感は依然として低いままです。サイトを強化することで、彼女に新たな役割を果たす機会を広げようというのが今回の変更の意図となります。

具体的には、Alibiが遊撃に出るシチュエーションがさらに有効になるため、キルを取りに行きたいタイプのプレイヤーには魅力的でしょう。

Frost

  • C1から1.5倍サイトを削除

この変更の対象となる層:カジュアル、ランク上位帯、プロ

現環境におけるFrost(フロスト)は全防衛オペレーターの中でも最高のウィンデルタを有しており、また他の防衛オペレーターと比較してもキル・デス比が非常に高くなっています。長距離でのロックを容易にはできないようにし、彼女の強さを他のオペレーターとそろえるために、彼女のC1から1.5倍サイトを削除しました。

とはいえFrostをめぐる難題はこれだけではありません。彼女の強さは総じてウェルカムマットにあることは分かっていますが、このガジェットに着目していく必要があるかどうかを決める前に、まず彼女の銃が果たしている役割を知りたいのです。したがってアップデート後は彼女のパフォーマンスを時間をかけて注視していきます。

Tachanka

  • 展開型シールドを追加(感知アラームを削除)
  • シュミハランチャーの総弾数を(10発から)14発に増加
  • DP-27の破壊力を上昇
    • 0~4.99メートル:1発あたり半径0.3の穴
    • 5~7.99メートル:1発あたり半径0.2の穴
    • 8メートル以上:3発で半径0.2の穴

この変更の対象となる層:カジュアル、ランク上位帯、プロ

Tachanka(タチャンカ)でプレイするのはとても楽しいことですが、現在バランスマトリックスでの存在感は非常に薄いものです。理由の1つは、シュミハランチャーが極めて状況依存的で、彼が無防備になってしまうことから、安全に発射し得ないことがあるためです。より積極的に使ってもううために、総弾数を増やし、さらにTachankaに展開型シールドを持たせることでランチャー使用時に身を守りやすくしています。

Tachankaの破壊力を上げるための改善策はこれだけではありません。彼のDP-27は1発でより大きな穴を開けられるようになり、展開型シールドで追加された防御性能と組み合わせることにより、彼はさらに恐るべきアンカーとなるでしょう。

Zofia

  • M762のリコイルを調整、制御を難しくする
    • 垂直リコイル増加
    • 水平方向への弾の拡散度が左側に強くなる
    • バースト時のリコイルが8発目からかかる(以前は12発目から)

この変更の対象となる層:カジュアル、ランク上位帯、プロ

バランスマトリックスに着目すると、Zofia(ゾフィア)の存在感は引き続き非常に大きいものがあります。これはキル能力が高いことや、M762の使いやすさが原因です。彼女を他のオペレーターたちの方にそろえるべく、垂直リコイルを増加させ、水平リコイルの拡散度をより左側に寄せる形でM762のリコイルを増加させ、コントロールを難しくしました。

今回のアプローチにおける新しい点(皆さんからのフィードバックのおかげでもあります)は、水平方向への拡散が他の武器よりも強くなる一方で、その予測はしやすく、ランダム性はより少なくなることです。すなわち最初のうちはコントロールがより難しくなるでしょうが、時間をかければリコイルのパターンをマスターできるようになるでしょう。

これにより、キルを取るのに必要な銃撃コントロールの難易度がより高くなるため、Zofiaは強力で使いやすいプライマリ・ウェポンと便利なガジェットを合わせ持つオールマイティなピックではなくなると予想されます。ガジェットは引き続き魅力的ですが、キルに特化した使いやすい攻撃側オペレーターを求めている方には、Ace(エース)やSledge(スレッジ)、Iana(イアナ)が魅力的な選択肢となるでしょう。

Nokk

テストサーバーでの実験を経て、Nokk(ノック)へのバランス調整は保留とすることが決定しました。

このアイデアの当初の目的は、昨今追加されたガジェットやアビリティとの相互作用を踏まえ、見えなくなるというプレイヤー体験を拡大させて、幅広い状況下での彼女の利便性を高めることでした。

しかし既存の装備でも既に、Nokkは発見が難しいオペレーターです。カメラに映らず、雑音を立てることもありません。さらに検知を難しくするのであれば、彼女の装備から何かを削除する必要があるでしょう。つまるところ、オペレーターはまったく見つからずに爆弾のある部屋まで辿り着くべきではないのです。

つい先日は、HELプレゼンスリダクションの消音能力を削除しようとしました。しかしプレイヤーは、その代わりとなる近接検知への耐性を好んでいるというより、雑音を低減させる能力を戻して欲しがっていることが分かりました。これはもっともな話で、消音効果の実用性は普遍的なものである一方、近接検知への耐性が使いものになるかどうかは防衛側チームの構成に依存するからです。

この点に加えて、プレイヤーは自らのガジェットを常に信頼できるようにするべきだと考えています。実験的に近接検知への耐性を追加したことは、広い範囲で多くのガジェットへの信頼を損なうものだったように思えますし、これは避けたいものでもあります。

結果として、私たちは今回の実験的な変更は保留することにしました。Nokkは皆さんのよく知っている彼女のままに据え置くとともに、今後に向けて別の可能性を模索しているところです。

今回の変更のためにテストサーバーで時間を費やし、建設的なフィードバックを共有してくれた皆さんには感謝を申し上げます。こうしたご意見は非常にありがたく、皆さんに心から楽しんでプレイしていただけるような今後の変更を考えるうえでの指針となるでしょう。

武器のバランス調整

ACS12

  • ダメージを69に増加(以前は59)

この変更の対象となる層:カジュアル、ランク上位帯、プロ

現環境においてACS12のピック率は非常に低くなっています。特にALDAやMx4と比較すると、ACS12が秘めている破壊力はいっそう限られてしまっていたため、射撃時のダメージを増加させました。これにより、比較対象の武器と同等のものとなり、より有効な選択肢となることでしょう。

なお今回の変更は弾丸の距離減衰の値には影響を与えず、以前と同じままである点にご注意ください。

TCSG-12

  • ダメージを63に増加(以前は57)

この変更の対象となる層:カジュアル、ランク上位帯、プロ

ACS12と同様、TCSG-12のピック率も非常に低くなっています。この武器をより有効な選択肢にするために、ダメージを増加させました。

Goyo(ゴヨ)とKaid(カイド)は今でも使い勝手の良いオペレーターで、彼らの破壊力をさらに増加させようという意図はありません。ダメージを増加させることで以前よりは地位は向上するものの、リリース時のTCSG-12よりは今なお弱いままです。これにより選択肢を増やしつつ、ロードアウトを吟味するうえでのバランスが取れるものと思われます。

テストサーバーで「ファベーラ」がランクマへ

他のテスト要素として、Y6S2でリワークされた「ファベーラ」マップが、テストサーバー限定でランクとアンランクのマッププールに導入されます。元々このマップは「カジュアルリワーク」とされており、ツイートのコメント欄では賛否両論見られますが、データ上では攻防のバランスが想定よりも良かったのかもしれません。

今回の変更点はすべて、現在既に進行中のテストサーバーで体験することができます。PC版シージをお持ちの方はぜひテストに参加し、開発側にフィードバックデータを提供してみてください。

Source: R6S Official

コメント

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    山荘のフロストあまりに強すぎるからな
    侵入口がすべて乗り越えだからマットが強力すぎる
    マップによって強さが変わるオペって感じで個人的には嫌いではないんだが

  2. By 匿名

    スラグ弾のSGが迷走しすぎてる

  3. By 匿名

    Frostの勝率にウェルカムマットが寄与してるとは思えないんだけど本当に????

  4. By 匿名

    ガチャガチャ変更加えすぎ。
    やるたびにゲーム性変わっててやりづらいわ。
    そろそろ落ち着くべき。新マップと新オペだけでいい。
    新オペだけ変更加えるくらいでちょうどいい。

    • By 匿名

      やる度にゲーム性変わってるとかどんなゲームやってんだよ

  5. By 匿名

    個人的にファベーラランク入りはやめてほしいかなぁ…ってかなんでファベーラだけ夜マップなの

  6. By 匿名

    アッシュの次はゾフィアかクソubi

  7. By 匿名

    もうめんどくさいからやってない毎回毎回いろいろ変わりすぎて 

  8. By 洸太郎

    fuckin ubi!!!!!!!!!!!!

  9. By 匿名

    これ、ゾフィアの場合はコンペンバーティカルがマストになるのかな

  10. By NEGOAT

    タチャンカの調整など心底どうでも良いので早く最高倍率以下のサイトを全て使える様にして欲しい。切実に。スレッジのL85のホロサイトがあまりにも酷すぎる。NATOのホロサイト、新しく追加されたボルテックスホロサイトなど使えない意味が分からない。

    • By 匿名

      ノックちゃんの強化見送られてる…スニークインできる奇襲オペがいてもいいじゃん

      • By 匿名

        今でも十分スニークインできるでしょ

        記事のとおり、感知全無効にしたら防衛側が自分のガジェットを一切信じられなくなるよ
        監視できる場所を広げようとガジェット置いてるのに、反応しない・機能しないから全部自分で見なきゃ…となると、ガジェットの存在意義すら無くなる

        • By 匿名

          ただでさえ射線のとり方がシビアになりつつあるゲームでカメラもアラームもすべて無視して無音でポイントにスニークイン出来るとかゲーム性崩壊するでしょ。
          普通に主導隊止める為に外見てないといけないのに何にも影響受けずにポイントに入られて荒らされてとか防衛勝ち目なくなるぞ。

コメントする

*