レインボーシックス シージ:夏期世界大会”SIX MEXICO MAJOR”DAY3結果、大波乱のグループステージ完結/日本CAGは惜しくも敗退

レインボーシックス シージ:夏期世界大会”SIX MEXICO MAJOR”DAY3結果、大波乱のグループステージ完結/日本CAGは惜しくも敗退

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のeスポーツ競技シーンでは、日本時間8月17日より夏の世界大会「Six Mexico Major」が開催中。今回はそのうちグループステージDAY3の結果をお届けします。

SIX MEXICO MAJORが開催中

日程_日本語グループステージ
参加チームとグループ分け

シージeスポーツ競技シーンでは夏のリーグ戦であるステージ2が既に終了しており、日本時間8月17日からは、このステージ2で高い成績を収めた世界の16チームがメキシコに集結、夏の世界大会「Six Mexico Major」でステージ2チャンピオンの座をめぐって激突します。

日本からは、ステージ2で無敗、国内リーグRJLでも無敗優勝を達成するなど絶好調のCYCLOPS athlete gamingが出場中。グループ分けでは、ブラジルのTeam oNe、アメリカのSoniqs、そしてフランスのBDSと同組となっています。

なお本大会は開催前に、オーストラリアチームKnightsが新型コロナウイルス感染症に伴う同国政府の出国制限措置により、メキシコへの渡航がかなわず出場辞退となっています。これにより、Majorは15チームによる開催となり、Knightsには13位~16位に相当するグローバルポイントが保証されます。

トーナメントの仕組み
大会の仕組み

DAY3の結果

日本CAGはタイブレークで惜敗

5月に行われた「シックスインビテーショナル2021」では20チーム中ベスト17~18位で終わったCAGでしたが、世界の舞台で得た経験値を使ってステージ2では着実に成長を見せ、今回のシックスメジャーでも北米や南米のチームと十分に渡り合って確かな戦績を築いています。

グループステージ最終日であるDAY3では、CAGはまずBDSと「カフェ」で対戦します。フランスの優勝候補チームを相手にオーバータイムまで持ち込んだCAGでしたが、この再戦でも惜しくも6-8と敗北し、ここで一度他の試合の結果を待つことになりました。

その後oNeSoniqsとの試合に勝利したことから、グループAの最終戦はやや複雑な様相を呈します。タイブレーク・ルールにもとづき勝敗数やラウンド差によるランキングの変動を予測すると、「CAGが3ラウンド以上取れば勝敗に関わらずグループステージ突破」、「0-7か1-7でoNeが勝てばoNeが突破」、「2-7なら追加のタイブレーク・マッチを行う」という3パターンが有り得る構図となりました。これを日本から応援しているシージプレイヤーの方々とともに確認したうえで、CAGはoNeとの決戦に臨みます。

試合は、データ上ではCAGの得意マップとして知られてる「領事館」で行われました。ここでoNeは長距離のロックを活用し、CAGの素早い立ち回りを封じる戦術を採用します。これがうまく機能し、CAGの人数を低リスクで減らすことに成功したoNeは、そのまま一気にラウンド差を広げていきます。

CAGはどうにか2ラウンドは取れたものの、グループ突破に必要な残りの1ラウンドをどうしても取りきれません。攻防を交代してからも僅差で落とすラウンドが続き、最終スコアはまさかの2-7。oNeの劇的な勝利に終わります。これにより、グループステージ突破を賭けた戦いはタイブレーク・マッチへと突入することになりました。

運命のタイブレーク・マッチの舞台は「山荘」に決まりました。ここでもoNeはロングの射線を使ったロックでCAGの動きを制限する戦法を見せますが、対するCAGもClash(クラッシュ)をピックしてoNeの対応を誘います。

試合は2-4でoNeがリードして攻防を交代。攻撃に回ってからは、CAGのGatorada選手がIana(イアナ)を使ってキルを連取し奮戦します。今回のメジャーでCAGは、グループステージを突破しチームとしてさらに前進することが期待されていましたが、オープニングキルを取られて対応を迫られる流れを最後まで変えられず、試合は4-7でoNeが勝利。わずかな可能性に賭けたoNeの素晴らしいプレイングが、グループステージの最後の場面で奇跡的な順位逆転を起こしました。

これによりAグループはoNeが2位となり、プレイオフ進出決定。敗れたCAGは3位となり、残念ながらここでメキシコを去ることとなりました。

ステージ2では国内リーグ無敗、かつAPACでも無敗の記録を作ってきたCAGには、チームとしての現在の姿を再確認したうえで、引き続きステージ3での活躍を期待したいところです。

グループCではDWGが波乱続ける

APACを代表する他のチームに目を向けると、DAY2で世界チャンピオンNiPを相手に2戦2勝し、シージ界全体に衝撃を与えた韓国チームDWGは、EUの名門G2相手に「ヴィラ」で7-2と圧倒。グループCでは優勝候補に数えられていたG2と、NiPがともにグループステージで敗退するという波乱が起きています。

「死の組」と呼ばれたグループDに組み込まれたシンガポールチームIGは、ロシアチームEmpireとグループステージ突破を賭けて「クラブハウス」で激突しましたが、攻防ともに見せ場がないまま1-7と圧倒され、惜しくもグループステージ敗北が決定しています。

※DWGとDZの試合は現地会場の技術的トラブルにより延期となりました。

プレイオフ日程・配信情報

本日でメキシコでのメジャーはグループステージが終了し、一日の休みを挟んで、日本時間8月20日からはいよいよプレイオフ・トーナメントが開催されます。抽選により各ステージの1位と2位のチームがそれぞれマッチを組み、各試合Bo3のシングル・エリミネーションで競い合います(グランドファイナルのみBo5)。

SMM2021_Bracket_EVENTGUIDE
プレイオフのブラケット略図(詳細は抽選後追記)

「Six Mexico Major」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われます。なお英語ではA配信B配信に分かれており、日本語で配信される試合はグループステージ全日程の約半分となります。

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    このラウンド取らないとっていう経験が今までできてなかったからしゃーない
    今までの世界戦はその域じゃなかったしAPAC内じゃ早々に予選通過決めてたし

  2. By 匿名

    また野良連ガーくん達が喚いちまう

  3. By 匿名

    リーグ戦は対戦回数が確保できて良い経験値になるな

コメントする

*