CoD:ヴァンガード:マルチ新モード「チャンピオン・ヒル」 / ゾンビはTA制作の『BOCW』前日譚 / ウォーゾーンに3タイトル融合でアンチチート進化

CoD:ヴァンガード:マルチ新モード「チャンピオン・ヒル」 / ゾンビはTA制作の『BOCW』前日譚 / ウォーゾーンに3タイトル融合でアンチチート進化

Sledgehammer Gamesは2021年11月5日発売のCoD最新作『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』を正式発表、トレーラーなどの新情報を公開しました。この記事では『CoD:ヴァンガード』のクリエイティブ・ディレクター・Greg Reisdorf氏の解説による、マルチプレイヤー、ゾンビモード、そして『ウォーゾーン』との連携について紹介します。

『CoD:V』正式発表・戦場は全世界

Sledgehammer Gamesは2021年11月5日発売の最新作『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』を正式発表しました。

同社が手がけた前作『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォーII)』に引き続き、今回の時代設定も第二次世界大戦です。『WWII』で展開された西部戦線での戦いに加え、本作では北アフリカ戦線、東部戦線、太平洋戦線と、世界中の戦場を舞台にした壮大な作品として制作されています。

そんな『CoD:ヴァンガード』のキャンペーン・ストーリーも、従来の「第二次大戦もの」とは少し異なるものとなっており、実在の人々をモチーフにしつつ、この戦争によって誕生した各国の特殊部隊に焦点が当てられます。

CoDV マルチプレイヤー

特殊部隊の誕生を描いたキャンペーンのストーリーを、どのようにマルチプレイヤーに落とし込むか。クリエイティブ・ディレクターのGreg Reisdorf氏は、あらゆる手段が講じられ争われた第二次世界対戦の戦場で、実際に起きた戦いの様子を踏まえながらデザインを進めていったそうです。

登場するマップは20種類(ローンチ時か最終的な合計数かは不明)で、東西の戦線や北アフリカ、太平洋を舞台にしたマップがそれぞれ登場します。

『CoD:BOCW』からガンスミス機能を引き継いでおり、各武器にはさまざまなアタッチメントを付け替えていくことができます。ゲームプレイをさらに進化させるべく、発砲によって環境がどのように変化するかも考慮した、リアクティブなゲームプレイに没頭できるようデザインされています。

ゲームモードについても多様なものが準備されており、大人数で直感的な撃ち合いを楽しみ、スピーディーに展開していくようなモードもあれば、少人数でロビーに集まり、個々人の立ち回りが重要になる戦力・戦術志向のモードもあります。

他にも、『CoD:ヴァンガード』のマルチの目玉として「Champion Hill(チャンピオン・ヒル)」が登場します。

Champion Hill(チャンピオン・ヒル)

Champion Hill(チャンピオン・ヒル)」は『Cod:ヴァンガード』で初登場となる完全新規の対戦モードで、Sledgehummerの方々も「とても楽しいモード」と自信を持っています。

特殊部隊の訓練風景をモチーフにしたこの「Champion Hill」は、16人のプレイヤーがロビーに集まり、2人1組、合計8チームに振り分けられるところから始まります。1つの大きなマップには4つの「アリーナ」があり、8チームが各アリーナに分かれてラウンド制の対戦を行います。

1ラウンドは60秒で、ラウンドごとに各アリーナを移動しながらさまざまなチームと対戦します。チームにはライフが設定されており、このライフがなくなったチームは脱落。最後まで生き残ったチームが勝利となります。

「Champion Hill」は2人1組で戦うため、個々の力が重要になるだけでなく、武器選択の面でも戦略性が高いモードです。カスタムロードアウトを持ち込むことはできず、最初は限られた装備だけで戦い、キルなどで獲得したポイントを貯めつつ、マップ内にある購入エリアで新しい武器やPERK、キルストリークなどを購入していくという形式です。

つまり撃ち合いのスキルだけでなく、手持ちのポイントを考慮しながらのリソース管理も重要になります。常に最高のロードアウトをキープし続けることはできません。最後まで勝ち残るためには、どんな場面で強力な装備をそろえるか、あるいはポイントを温存して戦うかといった、判断力や深い戦術眼が求められます。

ゾンビモードはTreyarchが担当

『CoD:ヴァンガード』でも、マルチプレイヤーモードだけでなく、PvEでカジュアルに楽しめるゾンビモードがリリースされます。

コンテンツ詳細については不明ですが、開発を担当するのは現在『CoD:BOCW』を手がけているTreyarchで、ゾンビモードとしては初のシリーズ間クロスオーバーを実施。すなわち『CoD:ヴァンガード』のゾンビ・ストーリーは、『BOCW』で現在展開しているストーリーの前日譚として描かれていくそうです。

ウォーゾーンは3タイトルの武器・オペレーターが集結

基本プレイ無料のバトロワタイトル『Cod:ウォーゾーン』では、これまでも『CoD:MW』や『CoD:BOCW』と連動した継続アップデートが行われてきましたが、2021年以降はさらに『CoD:ヴァンガード』とも連動していきます。

開発担当はRaven Softwareがそのまま継続となり、『CoD:ヴァンガード』のリリースに合わせて2021年内に完全新規マップが登場するとのこと。また、この大型アップデートでは最新のアンチチートシステムも導入されるそうです。

『ウォーゾーン』では今後、『MW』、『BOCW』、そして『ヴァンガード』に登場するすべての武器とオペレーターが使えることになり、生き残りをかけた戦いはさらに激しく、多様なものになることが期待されます。

この統合アップデート作業は、『BOCW』の武器が移行したときのように、メンテナンス期間などはなくシームレスに実施され、合わせて各タイトルの武器間のバランスも考慮されつつ調整がなされます。統合以降のシーズン・アップデートについても、引き続きすべての追加コンテンツが無料でダウンロード可能となります。

Sledgehummerではメルボルン、トロント、カリフォルニアの各スタジオが一体となって『CoD:ヴァンガード』に力を入れているそうで、11月のリリースに向けていよいよその製作も佳境に入っていることがうかがえます。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

CoDV 関連記事

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By p

    ゾンビはTreyarchが開発か
    ちょっと購買意欲が湧いてきた

LEAVE A REPLY TO p CANCEL REPLY

*